写真

2017年12月 9日 (土)

29.12.09 石光寺の寒牡丹

29.12.09(土) 今朝は気温2℃。雪がちらつく中、石光寺へ行ってきました。その後は大淀町のよしなやさんで熱いうどんを食べて暖まって帰ってきました。

 石光寺の寒牡丹は、咲いている木は全体の4割くらい。これからクリスマスにかけて追々咲くんだそうです。


 ※画像は右側がケラレて表示されていますが、画像を左クリックすると、ケラレのない拡大画像を見ることができます。all rights reserved.無断利用、無断転載お断り。


Dsc_0001


Dsc_0144


Dsc_0003


Dsc_0004


Dsc_0006


Dsc_0007


Dsc_0016


Dsc_0033


Dsc_0036


Dsc_0045


Dsc_0047


Dsc_0048


Dsc_0057


Dsc_0063


Dsc_0064


Dsc_0075


Dsc_0099


Dsc_0107


Dsc_0114


Dsc_0136


 その他の花

 この白い山茶花、とても綺麗なのですが、いつも行くのは終盤です。12月初めにこれ狙いで行かないといけません。
Dsc_0011


 今年の山茶花のなりはどことも悪いですね。外れ年てあるのでしょうか。
Dsc_0039_2


Dsc_0126


Dsc_0133


 寒あやめ。
Dsc_0043



 これは万葉文化館前庭で。寒々とした空気。
Dsc_0148


 今朝の寒気で金剛山は冠雪。数日前も白くなっていましたね。
Dsc_0150

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年11月27日 (月)

29.11.27 ヘンなものを

29.11.27(月) 訳の分からんヘンなものを撮ってきました。時々これを撮りたくなるんです。年に1回は撮ってます。病みつきになるんです。


※画像は右側がケラレて表示されていますが、画像を左クリックすると、ケラレのない拡大画像を見ることができます。all rights reserved.無断利用、無断転載お断り。


Dsc_0302


Dsc_0245


Dsc_0354


Dsc_0106


Dsc_0143


 だんだんまともになってきました。もう、お里が知れましたね。
Dsc_0233


Dsc_0083


Dsc_0141


Dsc_0199


Dsc_0311


Dsc_0368


Dsc_0317


Dsc_0001_2


Dsc_0184


 最後は普通のもので。
Dsc_0308

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年11月17日 (金)

29.11.17 東大寺大仏池、長岳寺の紅葉

29.11.17(金) 今日は早起きして標記の所へ行ってきた。

 東大寺は、大仏池と大仏殿の裏手。大仏池の大銀杏はもう散り途上。

 長岳寺のもみじは、葉っぱの状態が良くない。


※画像は右側がケラレて表示されていますが、画像を左クリックすると、ケラレのない拡大画像を見ることができます。all rights reserved.無断利用、無断転載お断り。



<東大寺大仏池など>

 7時から撮り始め、大仏殿裏手などで遊ばせてもらってまた大仏池へ戻ってきました。
Dsc_0290
                              (10時過ぎ)
 
Dsc_0293

 以下は到着後から10時頃までの時間帯です。

Dsc_0095


Dsc_0140


Dsc_0150


Dsc_0152


Dsc_0157


Dsc_0168


Dsc_0179


Dsc_0196_2


Dsc_0207


Dsc_0213


Dsc_0218

 次の2点は水鏡。
Dsc_0225


Dsc_0230


Dsc_0246


Dsc_0259


Dsc_0262


Dsc_0269


Dsc_0301


Dsc_0302


Dsc_0300


Dsc_0305_01


Dsc_0110


Dsc_0130


Dsc_0133


Dsc_0265


Dsc_0280



<長岳寺>

Dsc_0330


Dsc_0331


Dsc_0333


Dsc_0337


Dsc_0341


Dsc_0342


Dsc_0347


Dsc_0351

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年11月13日 (月)

29.11.13 今日の談山神社

29.11.13(月) 今日は談山神社へ行ってきました。石舞台から県道155番を上っていくと「通行止め」の看板があったのでびっくり。今更引き返すのもなんなので行ける所まで行っちゃおと走り続けたら、談山神社まで行き着くことができました。(帰路、反対方向に設置されていた看板には「夜間通行止め」と書いてありました。「夜間」限定とそうでないのとでは全然違います。よくよく見てみると、「夜間」付きと無いのと2種類の看板が混在していて、ドライバーを騙す・惑わす仕掛けになっていました。横着せずきちんと表示してほしてものです。)

 で、紅葉の具合は、まだ青い木もあるものの、まずまず見頃にかかったというところでした。

 入山料600円、Pは無料。


※画像は右側がケラレて表示されていますが、画像を左クリックすると、ケラレのない拡大画像を見ることができます。all rights reserved.無断利用、無断転載お断り。



<南山荘前>

Dsc_0013


Dsc_0015


Dsc_0019


Dsc_0030


Dsc_0034


Dsc_0052


<境内>

Dsc_0062


Dsc_0070


Dsc_0075


Dsc_0088


Dsc_0107


Dsc_0112


Dsc_0116


Dsc_0124


Dsc_0127


 次の2点は、人足が途絶えるのを辛抱強く待って撮ったものです。
Dsc_0140


Dsc_0155

 回廊も人がよく通ります。
Dsc_0150


Dsc_0168


Dsc_0188


Dsc_0223


Dsc_0232


Dsc_0235


Dsc_0242


Dsc_0243


Dsc_0273


Dsc_0274


Dsc_0277


Dsc_0283



<その他>

 談山神社の第1駐車場。
Dsc_0005

 南山荘への小径で。
Dsc_0010


 帰途、金剛山の向こうに日が沈み、妖しげな?雲が見えました。なので、露出アンダーでおどろおどろしく? 神々しく? 撮ってみました。
Dsc_0284

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年11月10日 (金)

29.11.10 今日の京都国立博物館、智積院

29.11.10(金) 京都国立博物館でやっている国宝展(11/26まで4期に分けて開催)、第1期を金曜日の夕方に行ったところ意外に空いていたのでそれに味をしめて、第3期も今日金曜日夕刻に行きましたが、案に相違してえらい混雑。前回の金曜の夕刻は空いているというのはどうも偶々だったのかも知れません。ただ、今期は金印の展示があったのが影響したのかもしれません。金印の展示場所は3階なのに最後尾は1階でした。拙者は金印はパス。

 一番のお目当ては、王羲之の書、神護寺の源頼朝、平重盛ら三人の肖像画、平家納経など。いずれもこれまで何回も見てはいるものの、何度見ても新たな感動を呼び覚まします。昨春だったか大阪市立美術館でやっていた王羲之らの書跡展、あの端正でリズムのある筆跡、何ともいえませんでした。図録、5千円しましたが買いましたよ。神護寺伝承の頼朝も重盛も堂々として風格のある顔、目力…いいですねえ。男はこうでなくっちゃと感じさせます。

 で、昼間はひまだったので、国博の少し上手にある智積院で時間潰し。昭和40年代中頃に行ったきり。もう50年近くなります。(以前の記憶は全く思い出せずでした。)

※画像は右側がケラレて表示されていますが、画像を左クリックすると、ケラレのない拡大画像を見ることができます。all rights reserved.無断利用、無断転載お断り。


<京都国立博物館>

 掲載の順番は時系列どおりではありません。

 これは観終わってから。もうとっぷりと暮れて、旧館はライトアップしていました。
Dsc_0167


 日が沈みました。京都タワーが植え込みの向こうに見えていました。
Dsc_0138


Dsc_0142_01


 京都タワーがよく見えていました。平成知新館前から。
Dsc_0160



<智積院>

 ここも掲載の順番は時系列どおりではありません。いくつかの区画で色づいている木がありました。名勝庭園内では、色づきは殆どまだでした。
Dsc_0022


Dsc_0096


Dsc_0083_01


Dsc_0059


Dsc_0088_2


 ↓五色幕の映り込みを撮っていたら、何を撮っているのかと不思議がって寄ってきたおじさんおばさんに教えてあげました。驚いて「うーん」と唸ってはりました。
Dsc_0046_01





 座って帰りたかったので阪急の四条河原町へ。先斗町の灯りが鴨川に映り込んでいました(四条大橋から)。年金生活者には縁の無いところです。
Dsc_0171





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 6日 (月)

29.11.06 忍辱山円成寺、丹生川上神社中社など

29.11.06(月) 忍辱山円成寺(にんにくせんえんじょうじ。奈良市)と丹生川上神社中社(にうかわかみじんじゃなかのやしろ。奈良県東吉野村)へ行ってきました。

 円成寺の紅葉は、前庭だけでなく境内も見頃でした。このお寺の前庭の楓は、紅葉になるのが早くて例年10月下旬に見頃になるので気をもんでいました。

 このあと鳥見山(宇陀市)に行ったのですが、登っていくと「台風による倒木等のため通行止め」という看板が出ていたので諦めて曽爾高原のすすきの偵察に行きましたが、ここのすすきは年々状態が悪くなってきていて、往時の面影はありません。チラと見て分かるほどです。

 で、早々にUターンして弁財天の所から投石の滝へ行こうとしたのですが、ここも通行止めで南下できず。それで丹生川上神社の中社へ行きました。紅葉はあと一息というところでした。

 円成寺へ行く前に寄った東大寺大仏池の大銀杏は、まだ色づき始めといったところでした。

 今日はピーカンで困りました。庭園や林間は曇天に限ります。


※画像は右側がケラレて表示されていますが、画像を左クリックすると、ケラレのない拡大画像を見ることができます。all rights reserved.無断利用、無断転載お断り。



<忍辱山円成寺>

・前庭
Dsc_0087

 ↑は9時頃。↓は8時過ぎ。9時頃にならないと光が回ってきません。

Dsc_0026


 9時になるまでに前庭内をぶらぶら。

Dsc_0047


Dsc_0060


Dsc_0056


Dsc_0092


 これは水鏡の倒立画像。水面がピタッと止まっていたので、全く違和感がありません。
Dsc_0094


Dsc_0113


Dsc_0119


Dsc_0136


・境内
Dsc_0150


Dsc_0159


Dsc_0164_01


Dsc_0168_01


Dsc_0188


Dsc_0198


Dsc_0202


Dsc_0215


Dsc_0216


Dsc_0219


Dsc_0228


Dsc_0240


Dsc_0255


Dsc_0266




<丹生川上神社中の社>

Dsc_0281


Dsc_0283


Dsc_0284


Dsc_0288


Dsc_0294


Dsc_0298


Dsc_0317


Dsc_0302


Dsc_0323



<その他>

・曽爾高原

 すすきの状態は見るも無惨。
Dsc_0275

 国立青少年の家の駐車場近くのこの一画はまだ少しましのようでた。
Dsc_0279


・今朝の有明の月
Dsc_0006

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年11月 5日 (日)

29.11.05 今日の夕空と十六夜のお月さん

29.11.05(日) 今日は穏やかな夕暮れでした。あまりに綺麗だったので夕陽と十六夜の月を撮っておきました。

Dsc_0069


Dsc_0094


Dsc_0103


Dsc_0132
   やはり右上が少し欠けていました。



※画像は右側がケラレて表示されていますが、画像を左クリックすると、ケラレのない拡大画像を見ることができます。all rights reserved.無断転載、無断利用お断り。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 1日 (水)

29.11.01 今日の行者還林道 ナメゴ谷、布引谷 ほか

29.11.01(水) 久し振りに行者還林道へ行ってきました。ここは、落石注意のほかに落盤注意の看板まであり、地震がきたらどうしようもない所なので、だんだん怖くなってきて今年は足が遠のいていたのですが、こういいお天気が続くと、矢っ張り行ってしまいました。

 で、紅葉の具合は行者還トンネルの西も東もバッチリ。
 拙者、西の布引谷をせっせと紹介しているので、ここもブームが来るかもしれませんが、駐める所が殆ど無いのでご用心。

 なお、天ヶ瀬から入ってミタライへ抜けましたが、ミタライの白倉トンネルのすぐ東の辺りも紅葉していましたが、行き着いたのはもう14時頃。ここは午後になると日が射さないので色がパッとしません。行くなら8時過ぎ。

 今年も又バスが入っていました。マイクロバス、中型バス各1台。乗用車同士でもすれ違いに難儀するところが随所にあるのに非常識なことです。やめてほしいなあ。

 なお、道標71番の辺りで工事をしていましたが道中、通行制限は一切なく、ミタライへ抜けられました。(R169の吉野町内の通行止めは継続中で、熊野方面へはR370の三茶屋、窪垣内を経由しないと行けません。)

 今日撮った写真の8割は1.4/50のレンズ(Carl Zeiss Planar ZF)。ボディがフルサイズではないので実質75mmですが、大抵間に合った(この間の大台ヶ原ドライブウェイでもそうでしたが)ので驚いています。あとは、2.8/25( 〃 Distagon)が15%、残る5%が70~200/2.8のズーム。24~70のズームは一度も使わずでした。50mmレンズって、こんなに使い道があるものだとは恥ずかしながら知りませんでした。殆どF8に絞って撮りました。


※画像は右側がケラレて表示されていますが、画像を左クリックすると、ケラレのない拡大画像を見ることができます。all rights reserved.無断利用、無断転載お断り。



<ナメゴ谷>

 撮影時刻は 08:26。もう15分ほど早く着いていないといけませんね。でも、今日は空気の透明度が高くて、とってもクリアー。稜線のラインがくっきり見えていました。もう20数年通っていますが、今日はトップ3に入る好条件の日でした。
Dsc_0053
         C-PLフィルターがよく役に立ちました。

Dsc_0069


Dsc_0106


Dsc_0107_2


 以下はViewスポット64番の前後で。北斜面などを撮っています。
Dsc_0029


Dsc_0032


Dsc_0036


 以下2点は道標97番で。
Dsc_0172


Dsc_0205



<布引谷>

 撮影時刻は12時頃。もっと早い時間に撮る予定でしたが、道草が多すぎて中々たどり着けませんでした。
Dsc_0287


Dsc_0294


Dsc_0290


Dsc_0289


Dsc_0305


 弥山はまだ冠雪していないようでした。
Dsc_0302


Dsc_0311




<ほか>

Dsc_0344


Dsc_0354


 行者還林道のうち川迫川渓谷(特に白倉トンネルのすぐ東など)を撮るには午前中が有利です。今回は午後になってしまったので殆ど撮っていませんが、昨年11月4日の記事で午前中に撮った絵を載せています。(右サイドの「バックナンバー」をクリックして2016年11月を選択してください。)



<その他>

 大和葛城山の左上に明けの明星(金星)がよく輝いていました。(05:45)
Dsc_0015


 大淀町を走っていると突然太陽方向に凄い霧が湧いて一面の橙色になりました。これは撮らなくちゃとカメラを用意しているうちに殆どが流れていきました。雲散霧消とはこのこと。
Dsc_0025


 青空に絹雲が踊ります。
Dsc_0293


Dsc_0184_01

 まるで柳葉魚のような雲でした。
Dsc_0346


 夕暮れ。帰宅直前に日が沈んでしまいましたが、雲一つ無い穏やかな夕暮れでした。
Dsc_0380

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月29日 (日)

29.10.29 台風一過 今日の夕空

29.10.29(日) 台風22号、前線通過程度のことで済み、やれやれといったところです。

夕方、ふと西空を見ると、なんともいえない不思議な、ダイナミック雲行きだったので、記念に撮ってみました。


※画像は右側がケラレて表示されていますが、画像を左クリックすると、ケラレのない拡大画像を見ることができます。all rights reserved.無断転載、無断利用お断り。


 16:20頃。雲のまくれ具合がもっと明瞭で凄かったのですが、カメラを用意している間に、輪廓がぼやけてしまいました。
Dsc_0036


Dsc_0038

 西空に雲の切れ間が現れてきました。
Dsc_0043


Dsc_0046

それから40分ほど経つと、焼けてきました。
Dsc_0050


Dsc_0056


Dsc_0059

 ↑↓ まるで山火事のようです。

Dsc_0061


Dsc_0069

 もう日が沈もうかという時に、おどろおどろしい雲が見られました。
Dsc_0074

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年10月27日 (金)

29.10.27 今日の大台ヶ原ドライブウェイの紅葉

29.10.27(金) 早起きして行ってきました。お天気はまずまず。紅葉もまずまずで、標高1,200mから上はもう十分OKです。

 R169が一部不通になっています(吉野町のさくら苑から宮滝大橋)。R370の窪垣内経由でないと行けません。事前の調査不足で思わぬ無駄足を喰いました。


※画像は右側がケラレて表示されていますが、画像を左クリックすると、ケラレのない拡大画像を見ることができます。all rights reserved.無断転載、無断利用お断り。


 御所市南部から大台、大峰山脈。雲一つ無い夜明けで、期待が高まります。
Dsc_0001


 大台口トンネルを抜け、稜線に出ました。大峰の山々が間近i大きく見えます。
Dsc_0030


Dsc_0035


Dsc_0049


 稜線を走り始めて間もなく色づいた木が現れました。
Dsc_0038


Dsc_0062


Dsc_0063

 弥山の頂上は雲の中。八経ヶ岳?のピークが見えています。
Dsc_0083


Dsc_0098

 谷を覗き込んだり、稜線を見上げたり、そんなことの繰り返しです。

Dsc_0101


Dsc_0108


Dsc_0109


Dsc_0114


Dsc_0121


Dsc_0128


Dsc_0132


Dsc_0156


Dsc_0151


Dsc_0161


Dsc_0169


Dsc_0183


Dsc_0186


Dsc_0187


Dsc_0197



 今日の夕焼け。雲が多すぎるけれど、焼けの色はいい色だ。
Dsc_0208


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

写真 | 携帯・デジカメ | 爺々論々 | 趣味 | 雑記