« 2023年10月 | トップページ

2023年11月

2023年11月27日 (月)

R05.11.27 九品寺、高鴨神社の紅葉

R05.11.27(月)例年11月末に見頃を迎える九品寺と高鴨神社(いずれも奈良県御所市)の紅葉を撮りに行ってきました。今日の天候は曇りで、九品寺裏山の千体仏を撮るにはうってつけの天気。カミさんのお許しと激励を得て勇躍行って参りました。で、紅葉の具合は今まさに見頃。こんないい条件なのに撮影客は拙者だけ。談山神社に行くのは取り止めて没頭しました。

 高鴨神社もよく紅葉していました。

 ランチはちょっと足を伸ばして大淀町の「よしなや」さんへ。視覚も味覚も大満足の一日でした。

| | コメント (0)

2023年11月21日 (火)

R05.11.21 談山神社の紅葉

R05.11.21(火)今日は談山神社へ行ってきました。受付では、「今年は遅れていて見頃は今月末」と聞かされましたが、事実、紅葉した樹よりまだこれからという樹の方が多かったです。拝殿の周りも殆ど紅葉していませんでした。
 一番上の第一駐車場周囲の紅葉はいつもどおりもう紅葉していました。

 また、釜飯処の南山荘の前庭は、紅葉が一部始まっているものの全体的には3割程度。そして樹の下が駐車場化されていて驚きました。樹の足下を入れて撮ることは出来ません。また、前庭北側の崖っぷちからの眺望はますます繁茂した木々に遮られ、殆ど見えません。ここから、或いはここで撮るのはもう諦めた方がいいでしょう。

 今日は久しぶりに大淀町の「よしなや」さんへ。いつもながら、うどんのお出しの旨いこと。年内にもう一度行くぞう。

 このあと高取城趾へ行くつもりでしたが、昨日10㎞歩いてへとへとになったので、今日は無理せずご自愛いたしました。
 なお、帰途、葛城古道の高鴨神社に寄ってみましたが、談山神社同様紅葉は少なかったです。
 本日の天気はピーカン。(昨日は曇り時々晴。)

| | コメント (0)

2023年11月20日 (月)

R05.11.20 大仏池の銀杏、吉城園の紅葉

R 5.11.20(月)今日は、例年11月半ばに黄葉する大仏池、大仏殿北側の銀杏を撮りに行ってきました。今年もいい塩梅でした。が、少し散りも始まっています。池の周囲のもみじもよく紅葉していました。

 吉城園のもみじの紅葉具合は、まだ不十分。それに、葉っぱが色といい形といい、がさつな印象。天候が異常だったせいでしょうか。
 今日は、写真師がここでブライダルの写真を撮っていましたが、なかなか退いてくれないので困りました。(吉城園、本日無料。)

 今秋は、先月から美術展10数カ所をめぐり大忙しで、撮影は汲々としていました。談山神社や長谷寺、高取城趾なども気になっています。散らないうちに行かなくっちゃ。

 

 ※ 今日のアシは、往路はJR奈良駅からバス。これが沢山の白人の団体客で大混雑。乗れない人たちもいました。アジア系はこの混んだ車内にバギーを持ち込んでいました。地元の人も乗り降りにとても苦労していました。奈良や京都では、外国人専用のバスを設定するとか、地元民の日常のじゃ間にならないよう考えて貰いたいものです。インバウンドとやらで喜んでいるのは観光業だけでは? しっかり税金払ってもらい、財源にしましょ。復路は、徒歩で近鉄奈良駅へ。歩く方が賢い。

| | コメント (0)

2023年11月 6日 (月)

R05.11.06 高野山の紅葉

R05.11.06(月)早起きして高野山の紅葉を撮りに行ってきました。もみじは丁度良い塩梅でした。欅かしらん、もう落葉して裸になったものも少しありましたが、全体としてはベスト。行ったのは、壇上伽藍と中の橋~奥の院。天候は予報どおりで、風が強く、午前中は曇り(中の橋~奥の院とかはやはり曇天でないといけません。)、12時頃から雨。なので、高野龍神スカイラインは行きませんでしたが、きっと良い塩梅だったろう(イヤ、ちょっと遅いかな。)と思います。

 町内の駐車場は、無料のところがあちらこちらにあり、とても便利。大門に07時半頃に着きすんなりと「中門前」のPに駐めてお向かいの壇上伽藍を、次いで「国道371号」のP(路側利用の縦列駐車)に置き換えて中の橋~奥の院を撮りました。撮影地域的には中抜きになりましたが、時間の節約が非常に効率的でした。

 外環からR480で鍋谷トンネルを抜けて行きましたが、府県境に鍋谷トンネルができてほんとに便利になりました。堺市南部の我が家から大門まで片道50㎞、80分です。なお、紀ノ川を越えた東渋田交差点から大門までは19㎞、30分です。

 今日ははどういうわけか白人の観光客がめっちゃ多く、日本人より多かったです。アジア系はほとんど見かけず。

 

 阪神が日本シリーズに優勝して、一件落着。TVは、大相撲まで当分、視るもの無し。

| | コメント (0)

« 2023年10月 | トップページ