« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

2020年1月

2020年1月30日 (木)

R02.01.30 明日香の梅、二河原邊の水仙

R02.01.30(木) 今日は1日時間がとれたので、ゆっくりあちこちへ。

 最初に行ったのは明日香。真弓の白梅、岡寺前の紅梅、細川の白梅。
 真弓の白梅(真弓のバス停の少し西)はいつも前を走る度に、この見事ごとな梅をいちど撮ってみたいと思っていましたが、今日初めて撮影。個々の花びらが大きな円形で、とてもふっくらとした姿の美しい花でした。咲き具合は峠に差し掛かっていました。先週25日に若草山に行くときに既によく咲いていたので、あの時に撮っておくべきでした。岡寺前(県道15号線脇)の紅梅は、部分的にしか咲いておらず、ちょっと変。細川(県道155号線脇)の白梅はほぼOK。
 
 このあと大淀町の「よしなや」で昼飯。その後、葛城の九品寺で椿と臘梅。椿はまだ花数が少なかった。
 
 そして最後は千早赤阪村二河原邊(にがらべ)の水仙。今冬は開花が遅れていた。今日も株数的には5割にも満たなかったが、咲いている花の状態はベリーグッドでとても可愛いかったです。また、葉っぱも葉先が茶色くなったものは殆ど無かった。もうどんどん行ったらいいと思います。

 なお、大阪府立花の文化園のセツブンソウはまだ咲いていないそうです。

 ブログ容量満杯で画像のアップができないのが残念です。

| | コメント (0)

2020年1月27日 (月)

R02.01.25 若草山の山焼き

R02.01.27(月) 一昨日(1/25(土))、若草山(奈良市)の山焼きを撮りに行ってきました。今年も風はきつかったですが、例年に比べると寒さはたいしたことなかったです。温暖化の影響でしょうか。
 昨夏、リモートコードを紛失し、これが無いとバルブのシャッターロックが利かないので、当日朝になって大慌てで再購入するべくあちこちのカメラ店に在庫を確認しましたが無くて、結局1分おきに撮った絵を多重合成することにしましたが…。今年の燃え具合は、火線が細くシャープ(上下幅が細い。)だったので相当重ねないと面状の焔にし難かったです。だのに、時間が空いたところがあって空隙が出来てしまいました。きっちりインターバルタイマーを使わないとあかんということですね。
 また、多重合成は、花火もからめるので、山と花火の大きさや位置関係が大事ですが、色・形のいい花火は突然高い位置で大きく弾けるのでその位置や直径などを予測して上昇中の尾っぽの高さを見て瞬時に反応しなければなりませんが、どんくさい拙者はやはり駄作(というより「失敗作」)ばかり。来年はこれまでのことをしっかり復習して臨みたいと思います。

 ところで、山焼きの起源は色々あるようですが、拙者は、東大寺の坊さんと法華寺の尼さんがここでデートし修行の妨げになるためススキを焼き払ったのだ と言う説に妙に信憑性を感じます。男女の仲は人類永遠の課題ですものね。
 

| | コメント (0)

2020年1月14日 (火)

R02.01.14 荒山公園の梅

R02.01.14(火) 初詣で多治速比売神社にお詣りした折、荒山公園(こうぜんこうえん。堺市南区。)で紅梅が少し咲き出していたのを見かけていたので昼から撮りに行ってきました。我が家の裏庭も、紅梅が咲き出し白梅も蕾が赤らみ、いよいよ梅のシーズンが到来したようです。

 で、荒山公園の梅は、紅白とも咲き出しているのが何本かありましたが、本数的にはまだまだです。臘梅はよく咲いていました。

| | コメント (0)

« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »