« 30.09.04 台風21号 | トップページ | 30.09.10 葛城、明日香、仏隆寺の彼岸花、笠の蕎麦畑 »

2018年9月 6日 (木)

30.09.06 震災お見舞い

30.09.06(木) 台風21号が近畿地方で大きな被害を与えて北海道方面に過ぎ去っていきました。この台風はとてもスピードが早くて、昭和29年の洞爺丸台風みたいな甚大な被害を青森や北海道に与えなければ良いがと密かに案じていましたが、なんと震度7の大地震。大勢の方が被災され、亡くなられた方や行方不明の方が既に40人ほどてでいるそうで、亡くなられた方々に心から哀悼の意を表します。また被災された方々も、これからの生活再建のご苦労を思うととてもお気の毒で、励ます言葉もみつかりません。

 また、気象庁さんは一難去ってまた一難で、そのほか自衛隊、警察、消防、自治体の職員の方々など公務員のご苦労は並大抵なものではなく、立場、心中をお察しいたします。こういう時、公務員は、自身に被災があっても公のために出動しなければならず辛いものがありますが、公に仕える真価を発揮して頂きたいと思います。

 しかし、この数日の報道を見ていると、足止めされた旅行客や避難所に避難した人達にインタビューして出てくるのは、何が足りない、何が不十分だといった不平不満が多いですね。わざとこういうのをチョイスしているのかも知れませんが・・・。何か一つ救援策を行うにもその背後では相当な苦労があるものですが、それに対する感謝の言葉が、特に若い年代の方に無いのが気に掛かります。自宅でクーラーかけてソファにもたれてTV見て寛ぐといった平常の環境をこんな時にも求めているようで、まるで「お客様」気分。聞いていて、それはないだろうとカチンときたりします。
 この先南海地震など大規模災害が想定されているので、こういう感覚は今のうちに修正してもらいたいものです。


 さて、台風一過の昨日の夕景です。空の色や雲もとてもさっぱりしたイイ感じで、やっぱりカメラをを手にしてしまいました。
Dsc_0006


Dsc_0029


Dsc_0044


※画像は右側がケラレて表示されていますが、画像を左クリックすると、ケラレのない拡大画像を見ることができます。all rights reserved.無断利用、無断転載お断り。

|

« 30.09.04 台風21号 | トップページ | 30.09.10 葛城、明日香、仏隆寺の彼岸花、笠の蕎麦畑 »

写真」カテゴリの記事

コメント

本当にきれいな夕焼けでしたね。

台風の被害はなかったですか?

車で走っていて、アチコチの信号があらぬ方向を向いているのに驚きました。
それだけ強い風だったんですね。
いつ正常な位置に戻されるのか?
先に復興しなくちゃいけない所が多いでしょうね。

9/20から北海道へ行く予定なんですが、やめようか?決行しようか迷ってます。


投稿: 温泉たまこ | 2018年9月 7日 (金) 20時55分

温たまさん こんばんは~。
 ご無沙汰しています。被害はありませんでしたか?
 当方、風雨が凄くきつくて、窓ガラスが割れやせんかと久々に怖い台風に遭いました。窓のサッシのレール溝に雨水が随分浸入してきて、こんな「床上浸水」もあるのかなと驚きました。車は葉っぱを一杯被って、まるで永谷園状態でした。
 一瞬の停電が数回ありましたが、翌日出かけてみると、近くの交差点の信号などが停電し、復旧したのは昨夕。お巡りさんも大童。その近くのスーパーやコンビニも休業を余儀なくされ、冷凍・冷蔵モノがパアになって気の毒でした。
 関空の橋が完全に復旧するのは時間が掛かると思いますが、片側が使えるのでまだましで、鉄道の線路の修復が大変でしょうね。
 北海道、旭川や女満別に飛ぶならOKちゃいますか。でも、もしものときの代替路の研究は必要かもです。

投稿: ズボラッチ | 2018年9月 7日 (金) 22時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 30.09.06 震災お見舞い:

« 30.09.04 台風21号 | トップページ | 30.09.10 葛城、明日香、仏隆寺の彼岸花、笠の蕎麦畑 »