« 29.11.27 ヘンなものを | トップページ | 29.12.29 久保惣美術館、大和文華館 »

2017年12月 9日 (土)

29.12.09 石光寺の寒牡丹

29.12.09(土) 今朝は気温2℃。雪がちらつく中、石光寺へ行ってきました。その後は大淀町のよしなやさんで熱いうどんを食べて暖まって帰ってきました。

 石光寺の寒牡丹は、咲いている木は全体の4割くらい。これからクリスマスにかけて追々咲くんだそうです。


 ※画像は右側がケラレて表示されていますが、画像を左クリックすると、ケラレのない拡大画像を見ることができます。all rights reserved.無断利用、無断転載お断り。


Dsc_0001


Dsc_0144


Dsc_0003


Dsc_0004


Dsc_0006


Dsc_0007


Dsc_0016


Dsc_0033


Dsc_0036


Dsc_0045


Dsc_0047


Dsc_0048


Dsc_0057


Dsc_0063


Dsc_0064


Dsc_0075


Dsc_0099


Dsc_0107


Dsc_0114


Dsc_0136


 その他の花

 この白い山茶花、とても綺麗なのですが、いつも行くのは終盤です。12月初めにこれ狙いで行かないといけません。
Dsc_0011


 今年の山茶花のなりはどことも悪いですね。外れ年てあるのでしょうか。
Dsc_0039_2


Dsc_0126


Dsc_0133


 寒あやめ。
Dsc_0043



 これは万葉文化館前庭で。寒々とした空気。
Dsc_0148


 今朝の寒気で金剛山は冠雪。数日前も白くなっていましたね。
Dsc_0150

|

« 29.11.27 ヘンなものを | トップページ | 29.12.29 久保惣美術館、大和文華館 »

写真」カテゴリの記事

コメント

こんばんは~
紅葉も終わって
後はイルミネーションを撮る位かなと
思っていましたが
寒ボタンがありましたね。
年内に咲くのであれば行って見たくなりました。
画像楽しみにしています。

投稿: 彩 | 2017年12月 9日 (土) 20時10分

彩さん
 御堂筋へ行きたいのですが、あそこは三脚禁止なので、どうにも撮りようがありません。歩道から外れたとろで撮っていても三脚を見つけるとすぐガードマンが飛んできます。もう三脚が目の敵ですワ。せっかく頑丈ないい三脚買ったのに宝の持ち腐れ。
 長谷寺も三脚禁止。行く気が失せそうです。

投稿: ズボラッチ | 2017年12月 9日 (土) 21時09分

こんばんは~
もうこれだけ咲いていたら
訪れた甲斐がありましたね。
綺麗です。
年内に行けなかったら
年明けにでも・・・行きたいです。
三脚禁止のところが増えて折角いいのを買われても
出番が少ないのは残念ですね。

投稿: 彩 | 2017年12月11日 (月) 23時10分

彩さん おはようございます。
 まだ見頃とまではいかなかったですが、追々よくなっていくことでしょう。
 長谷寺なんて、ホントに禁止すべきは登廊と本堂内ぐらい。その他のところ、例えば本坊前とか西側の開山堂辺りは使ったってなんの支障もない。自己責任で使わせばいいのに。寺がトラブルに巻き込まれるのを嫌がるのは分かりますが、一律に禁止とするのは行き過ぎ。自己保身にしか見えません。御堂筋も、通常人が通らないところに立ててもガードマンがアカンと言ってきます。それも嬉しそうに言うもんだから、なおさら腹が立ちます。

投稿: ズボラッチ | 2017年12月12日 (火) 08時46分

こんばんは~

何気なく見ていたら
今年の3月からのブログだったんですね
来年の冬はどんな写真が見られるのでしょうか
楽しみにしていますね~!
今年もあと少しですねお体を大切に
良いお正月をお迎えくださいませ~

投稿: 桜子 | 2017年12月24日 (日) 20時22分

桜子様
 いえいえ、平成19年6月にスタートしましたので、もう10年経ちました。
 右サイドに「バックナンバー」という緑のタイトルがあるのでこれをクリックして頂きますと、10年前からの全てが見られます。当時のはお恥ずかしい絵ですが・・・。
 桜子様も、特に寒冷地?にお住まいですので、風邪など召しませぬようご自愛くださいませ。よいお正月をお迎えください。

投稿: ズボラッチ | 2017年12月24日 (日) 22時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 29.12.09 石光寺の寒牡丹:

« 29.11.27 ヘンなものを | トップページ | 29.12.29 久保惣美術館、大和文華館 »