« 29.11.06 忍辱山円成寺、丹生川上神社中社など | トップページ | 29.11.13 今日の談山神社 »

2017年11月10日 (金)

29.11.10 今日の京都国立博物館、智積院

29.11.10(金) 京都国立博物館でやっている国宝展(11/26まで4期に分けて開催)、第1期を金曜日の夕方に行ったところ意外に空いていたのでそれに味をしめて、第3期も今日金曜日夕刻に行きましたが、案に相違してえらい混雑。前回の金曜の夕刻は空いているというのはどうも偶々だったのかも知れません。ただ、今期は金印の展示があったのが影響したのかもしれません。金印の展示場所は3階なのに最後尾は1階でした。拙者は金印はパス。

 一番のお目当ては、王羲之の書、神護寺の源頼朝、平重盛ら三人の肖像画、平家納経など。いずれもこれまで何回も見てはいるものの、何度見ても新たな感動を呼び覚まします。昨春だったか大阪市立美術館でやっていた王羲之らの書跡展、あの端正でリズムのある筆跡、何ともいえませんでした。図録、5千円しましたが買いましたよ。神護寺伝承の頼朝も重盛も堂々として風格のある顔、目力…いいですねえ。男はこうでなくっちゃと感じさせます。

 で、昼間はひまだったので、国博の少し上手にある智積院で時間潰し。昭和40年代中頃に行ったきり。もう50年近くなります。(以前の記憶は全く思い出せずでした。)

※画像は右側がケラレて表示されていますが、画像を左クリックすると、ケラレのない拡大画像を見ることができます。all rights reserved.無断利用、無断転載お断り。


<京都国立博物館>

 掲載の順番は時系列どおりではありません。

 これは観終わってから。もうとっぷりと暮れて、旧館はライトアップしていました。
Dsc_0167


 日が沈みました。京都タワーが植え込みの向こうに見えていました。
Dsc_0138


Dsc_0142_01


 京都タワーがよく見えていました。平成知新館前から。
Dsc_0160



<智積院>

 ここも掲載の順番は時系列どおりではありません。いくつかの区画で色づいている木がありました。名勝庭園内では、色づきは殆どまだでした。
Dsc_0022


Dsc_0096


Dsc_0083_01


Dsc_0059


Dsc_0088_2


 ↓五色幕の映り込みを撮っていたら、何を撮っているのかと不思議がって寄ってきたおじさんおばさんに教えてあげました。驚いて「うーん」と唸ってはりました。
Dsc_0046_01





 座って帰りたかったので阪急の四条河原町へ。先斗町の灯りが鴨川に映り込んでいました(四条大橋から)。年金生活者には縁の無いところです。
Dsc_0171





|

« 29.11.06 忍辱山円成寺、丹生川上神社中社など | トップページ | 29.11.13 今日の談山神社 »

写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 29.11.10 今日の京都国立博物館、智積院:

« 29.11.06 忍辱山円成寺、丹生川上神社中社など | トップページ | 29.11.13 今日の談山神社 »