« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月

2017年3月22日 (水)

29.03.22 今日の川岸、西山、伃邑、大美和の杜

29.03.22(水) 今日は西吉野の川岸(サンシュユ、ケイオウザクラ)、西山(サンシュユ、木蓮)、下市の伃邑(白木蓮)、桜井の大美和の杜(枝垂れ桜)へ行ってきました。今年は団地の役が当たって4月からのオシゴトの準備に忙しいのですが、この時期はサンシュユや桜の情報が欲しい時期。で、気晴らしも兼ねて撮りに行ったのですが、天気は悪い(ほぼ曇りっぱなし)、開花もイマイチで、気も晴れず、成果といえば「サンシュユはOKやけど桜と木蓮はまだ全然あかん。」ということが分かったということだけ。去年もこの日に行って、まずまずだったのに、今年はいつまでも寒く、梅はしっかり残っているけれど桜は遅そうという感じです。


※画像は右側がケラレて表示されていますが、画像を左クリックすると、ケラレのない拡大画像を見ることができます。all rights reserved.

<西吉野>

・川岸 曇り空で、サンシュユの黄色が映えません。おまけにケイオウザクラはまだまだで、淋しいことです。
Dsc_0014



☆参考に、昨年同じ日に撮った絵を2点。ピンク(ケイオウザクラ)が混じるとぐっと華やかになりますね。天気もよかったし。
Dsc_0024


Dsc_0136



・鹿場 ここもまだまだ淋しい。
Dsc_0021



・西山 サンシュユはぼちぼちOKですが、木蓮はまだ固そうな蕾。
Dsc_0040


Dsc_0067


Dsc_0075


Dsc_0032


☆参考に、昨年同じ日に撮った絵を4点。
Dsc_0178


Dsc_0222


Dsc_0243


Dsc_0228



<下市町 伃邑(よむら)>
 ここの名物の白木蓮はまだ全然です。
Dsc_0098


Dsc_0097


 広橋からこちらにかけては、梅はまだ元気です。
Dsc_0100



<明日香村 稲渕>
 勧請橋たもとの紅幣辛夷は、咲き始め。例年よりかなり遅いです。
Dsc_0114

 関大付近。
Dsc_0110



<橿原市 万葉の森>
 ここの大きな白木蓮も蕾固しといったところ。緋寒桜は咲いていました。
Dsc_0125



<桜井市 大美和の杜>
 枝垂れ桜はまだまだ蕾というより花芽状態。
 一番期待していた北の園地にあるこの大きな桜の木は、いつも早くに満開になるのに今年はまだダメで、ショック。
Dsc_0225


 北の園地にある枝垂れもまだこんな状態。
Dsc_0223


☆参考に去年3/26の絵を1点。
Dsc_0123


 少し晴れ間がでてきました。南の園地の展望台付近の枝垂れもこんな塩梅です。
Dsc_0178_2


 なお、北の園地では、月山刀剣工房に近い縁にある桜がよく咲いていました。
Dsc_0234


Dsc_0226


 その他お口直しに。
Dsc_0133


Dsc_0150


Dsc_0155


Dsc_0179


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年3月15日 (水)

29.03.14 賀名生の梅、高取町の町家のお雛様(夢創館の手鞠)など

29.03.14(火) 新年度の団地の役が当たり、4月からのオシゴトに向けて事前準備などで忙しくて、中々撮りに行けない状態が続いていますが、今日は気分転換を図るべくちょっと出かけてきました。(もうすぐ古稀という爺さんのアタマでは、新しいことを覚えるのはホネが折れます。)

 で、行った先は、艶姿を見たかった賀名生の大枝垂梅と高取町の町家のひな巡り。


※画像は右側がケラレて表示されていますが、画像を左クリックすると、ケラレのない拡大画像を見ることができます。all rights reserved.


<賀名生の大枝垂梅>

 まだ見頃ではありましたが、ぼちぼち散りに入ったようです。今日の天気は曇りのち晴れ。日が射してくるまで辛抱強く待ちました。

Dsc_0066


Dsc_0053


Dsc_0091_01


Dsc_0101


 風が止むのをこれまた辛抱強く待ちました。
Dsc_0081


 白の枝垂れもありますが、まだ若木です。
Dsc_0076


 賀名生の梅畑。
Dsc_0047


Dsc_0034



<高取町の町家のひな巡り>

 着いたのが遅かったうえ夢創館で手鞠をじっくり見せて頂き、ここを辞したのが4時頃になってしまいました。なので、「雛の里親館」をはじめ各お家はあらかた閉まっていて、実質的には夢創館だけ行った形となりました。しかし、夢想館は拙者がとても見たかった手鞠が沢山展示されていて、おまけに作者も在廊されてお話しも伺えて、とても満足いたしました。

Dsc_0282


 入ってすぐ左に豪華な打ち掛けが展示されていました。
Dsc_0199


 座敷に上がらせて頂くと、見たかった手鞠がわんさか展示されていて、わくわく。
 作者は辻村春代さん。物静かでとても聡明そうな素敵な方でした。おまけに美人でした!!!
 「手まりと古布遊び」と題して、手鞠だけでなく古布で作ったお人形さんなども沢山展示されていました。いずれもセンスがあって且つ器用で辛抱強くなければ出来ません。拙者とは正反対ですぅ~。
Dsc_0240


Dsc_0200


Dsc_0202_3


Dsc_0203


 お盆以外は全て古布で作られています。ちらし寿司には驚きです。
Dsc_0205


Dsc_0206


Dsc_0208

 吊るし雛も。
Dsc_0237


Dsc_0238


Dsc_0229

 椿をモチーフにされています。
Dsc_0230


 展示されていた手鞠の中で会心作はこのブルーの鞠だそうで、完成まで4ヶ月かかったそうです。
Dsc_0233


 座敷机の上には、拙者の大好きな沈丁花が生けられてありました。
Dsc_0211



 さて、お雛さま自体は、2階がメイン会場です。会場の方に「女の子だとカネかかりますね。」と投げかけたら「そうなんです。」と返ってきました。我が家は子も孫も男ばかりで華がない。幼少のときはともかく、高校生ぐらいからは口を聞くこともほとんどなくて、殺風景このうえありません。
Dsc_0221


Dsc_0226

 百人一首の詠み手を模した紙製のお雛さま。
Dsc_0217


 以下、土佐街道をブラブラ。
 ここは雛の里親館。ジャンボ雛壇を撮るつもりでしたが、もう閉まっていました。閉館は4時。
Dsc_0256

 
Dsc_0257


Dsc_0261


 毎年撮らせてもらっていましたが、残念ながら今日はもう閉館。(そらそうですね。晩飯を作らなければなりませんものね。我が家も、4時になるとカミさんは夕食の準備に掛かります。) ピンクのチューリップが可愛くて、いいポイントになりました。
Dsc_0270


Dsc_0276


Dsc_0278


Dsc_0196


Dsc_0284


 ひな巡り会場の近くで「河津桜」(と書いた札が下がっていた。)が咲いていました。
 
Dsc_0170


Dsc_0171


Dsc_0177







| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年3月 3日 (金)

29.03.03 今日の枝垂れ梅 和泉リサイクル公園、賀名生

29.03.03(金) 先週も行ったのですが、また和泉リサイクル公園と賀名生の枝垂梅を撮りに行ってきました。観心寺にも寄るつもりでしたが、和泉リサイクル公園で時間を取り過ぎたのでパスせざるを得ませんでした。

 で、咲き具合は、

・和泉リ公園は、紅梅も、白梅の一部も散りに入っていました。行くならこの週末です。ここの水仙、遅咲きと聞いてはいますが、この時期になっても殆ど咲いておらず、今年はちょっとヘン。

・賀名生の枝垂梅は、7分咲きで、もう十分見頃でした。

 天気予報では、昼から晴れということでしたがいつまで経っても晴れてこず、諦めて帰途についたら途中から晴れてきました。今更戻りも出来ず、殺生なことでした。

※画像は右側がケラレて表示されていますが、画像を左クリックすると、ケラレのない拡大画像を見ることができます。all rights reserved.


<和泉リサイクル公園>

 開園は9時からとばっかり思っていましたが、家を出る直前にHPを見ると8時からでした。「早よ行ってもしゃぁないし・・・」とわざとグズグスしていたのですが、もったいないことをしました。

Dsc_0007


Dsc_0023


Dsc_0018


Dsc_0039


Dsc_0265


Dsc_0118


Dsc_0196


Dsc_0290


Dsc_0137


Dsc_0324


Dsc_0331




<賀名生の枝垂梅>

 賀名生のとあるお家の庭先にある立派な枝垂梅、もう見頃でした。週明けなら満開かも。
 
 風がなかなか止まず、撮りにくかったです。

Dsc_0053


Dsc_0010


Dsc_0012


Dsc_0394


Dsc_0406


 なお、賀名生の梅畑は、こんな塩梅でした。白梅がようやく咲き始めた感じでしたが、今日のような曇天ではあまり目立ちませんでした。Dsc_0372


 2/24の記事で紹介した白梅の近くで、こんな大きな樹がありました。思わず車を止めて撮ってしまいました。
Dsc_0379

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »