« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月30日 (水)

28.11.30 今日の夕景

28.11.30(水) 今日は、少し早いが、スタッドレスタイヤへの履き替え。四駆でスタッドレスでも、最近はだんだん雪道恐くなってきた。今冬、マキノへ行けるかしらん。


 これは今日の夕暮れ。
Dsc_0010

※画像は右側がケラレて表示されていますが、画像を左クリックすると、ケラレのない拡大画像を見ることができます。all rights reserved.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年11月29日 (火)

28.11.29 川面

28.11.29(火) 出かけたついでに川面の波紋を撮ってきました。波で出来た波紋や紅葉の色が川面に映って面白いのです。しかし、紅葉は大方散っていたので、紅葉色の映り込みは叶いませんでした。

※画像は右側がケラレて表示されていますが、画像を左クリックすると、ケラレのない拡大画像を見ることができます。all rights reserved.


 波紋は全く風任せ波任せなので、予測は難しく、偶然の産物ばかり。

Dsc_0015


Dsc_0020


Dsc_0025


Dsc_0039


Dsc_0041


Dsc_0058


Dsc_0047


Dsc_0061


Dsc_0078


Dsc_0080


Dsc_0091


Dsc_0094


Dsc_0105_2


Dsc_0103


Dsc_0104



 これは某ビルで外を見上げて。
Dsc_0128

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年11月20日 (日)

28.11.20 高鴨神社、万葉文化館の庭

28.11.20(日) 少し時間が出来たので、奈良県立万葉文化館へ。途中、葛城古道にある高鴨神社(御所市の南部)へ。 里でも、いい紅葉になってきました。

※画像は右側がケラレて表示されていますが、画像を左クリックすると、ケラレのない拡大画像を見ることができます。all rights reserved.


<高鴨神社>

Dsc_0004


Dsc_0019


Dsc_0030


Dsc_0002



<奈良県立万葉文化館の庭>

Dsc_0035


 観覧が終わって展示室から出てきたら、いつのまにやら雨が降っていたようです。
 北側のガラス窓越しに見える景色。ここから見える甍が好きなのですが、今日は雨に濡れた黄葉もあって、しっとりとした情景でした。
Dsc_0038


 館内の一角にてガラス窓越しに。カラーコーンが邪魔ですが、外に出られなくて。
Dsc_0043


 これは表に出てから。Dsc_0050

 今日は、雨がいい雰囲気を醸してくれました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年11月18日 (金)

28.11.18 談山神社、高取城趾

28.11.18(金) 今日はカミさんに無理を言って1日時間を貰いました。で、行った先は、談山神社、高取城趾。 どちちちらも、青もみじはあるものの、しっかり紅葉したものが沢山あって、十分楽しめました。
 談山神社の次に室生寺へ行ったのですが、周辺の山肌や門前の川筋の紅葉がとてもよく大いに期待したのですが、かなりの人出だったので入山は止めました。雨の日が狙い目なんですねぇ。(明日は雨のようですが、朝から孫の行事やカミさんの用事で走り回らないといけません。)

 今日の天気は1日中ピーカン。コントラストがどぎついです。薄曇り、高曇りが一番いいのですが、毎日出て行ける身ではないのがつらいところです。


※画像は右側がケラレて表示されていますが、画像を左クリックすると、ケラレのない拡大画像を見ることができます。all rights reserved.


<談山神社>

・まずは南山荘前から

Dsc_0010


 南山荘の前庭ももみじが素晴らしいのです。
Dsc_0023_01


Dsc_0025


Dsc_0026


Dsc_0041



・8時半になり、やっと境内に入れます。(入山料 600円)

Dsc_0052


Dsc_0058


Dsc_0064


Dsc_0067


 拝殿の中から。朱の柱と紅葉が同系色でいい感じです。
Dsc_0076


Dsc_0078


Dsc_0080


Dsc_0092_01


Dsc_0094


Dsc_0112


Dsc_0143


Dsc_0158


Dsc_0175


Dsc_0214


Dsc_0236



<高取城趾>

Dsc_0401


Dsc_0389


Dsc_0366


青もみじも健在。
Dsc_0327_01


Dsc_0336_01


Dsc_0372


Dsc_0378


Dsc_0007


Dsc_0009


Dsc_0015


Dsc_0027


Dsc_0030_01


Dsc_0033


Dsc_0043


Dsc_0044


Dsc_0054


Dsc_0082


Dsc_0099


Dsc_0105



<室生寺近くの山肌>

 とてもきれいな紅葉です。
Dsc_0312


Dsc_0316



<帰り道で>

Dsc_0111


Dsc_0119

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年11月16日 (水)

28.11.16 葛城古道 一言主神社、九品寺

28.11.16(水) 今日は昼から標記の所へ行ってきました。着いたとき、一言主神社(通称「一言寺さん」)の大銀杏は半分日陰。もう1時間早く来ないといけませんでした。ここは奈良盆地の西山際にあるので、撮るには薄曇りの日の午前中が一番です(特に、九品寺の千体仏付近を撮る時)。

 で、紅葉具合は、
 一言寺さんの大銀杏と大欅はもうOK。楓もよく色づいていました。
 九品寺は、観音十徳園はほぼOK。もちろんあの大銀杏もOK。ギンナンが足下に一杯落ちていました。裏の千体仏付近の楓は少し色づき始めといったところで、まだ青もみじ状態。


※画像は右側がケラレて表示されていますが、画像を左クリックすると、ケラレのない拡大画像を見ることができます。all rights reserved.


<一言寺さん>

Dsc_0028


Dsc_0047


Dsc_0050


Dsc_0054


Dsc_0055


Dsc_0058


Dsc_0059


Dsc_0071


 大欅
Dsc_0075


Dsc_0078


Dsc_0079


Dsc_0083

 数日前の早朝山麓線を走ったとき、大銀杏も大欅も朝日を受けてとても色鮮やかでしたので、それが撮りたくて来たのですが、午後からでは手遅れでした。


<九品寺>

・ひとまず駐車場から
Dsc_0089


Dsc_0092


Dsc_0093


Dsc_0095


Dsc_0097


・山門にやって来ました。脇から覗いてみます。
Dsc_0098_2


・境内に入りました。陰らない内にこの大銀杏を撮らないと。この木の下はギンナンでメチャ臭いです。

Dsc_0102


・ここから観音十徳園です。

Dsc_0115


Dsc_0121


Dsc_0139


Dsc_0143
 銀杏の落ち葉、ギンナン、山茶花の花びらが落ちています。


Dsc_0281


Dsc_0269


Dsc_0153


Dsc_0161


・本堂裏の千体仏。色づきはまだまだ。暗くて発色が非常に悪いです。
Dsc_0206


Dsc_0210


Dsc_0220


Dsc_0229



<その他>

Dsc_0024_2


Dsc_0298


Dsc_0314
 さすが背の高いハルカス。一人だけ夕陽を受けています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年11月15日 (火)

28.11.14 鳥見山公園の紅葉

28.11.15(火) 昨14日、大仏殿など奈良公園で撮った後鳥見山公園(宇陀市)の紅葉を撮りに行きました。
 その日のものはその日の内ににアップするのを原則としていますが、トシのせいか、早朝から走り回った日は遅くまで体力が持たなくなってきました。奈良公園分をアップしたところで沈没。で、1日遅れでやっとアップです。

 鳥見山公園の大楓 (石の鳥居の後ろ、朱色の小橋を渡ったところ、聖跡碑の南など)はまだ色づき始めでしたが、「大」と言うほど大きくはない楓は、神社の横手や裏ではしっかり色づいていました。

 幸い雨は止んでいましたが、森の中ではSSは1/10とかで、場所によっては風が強くて写し止めるのに往生しました。


※画像は右側がケラレて表示されていますが、画像を左クリックすると、ケラレのない拡大画像を見ることができます。all rights reserved.


・池

Dsc_0202


Dsc_0233


Dsc_0044


・石の鳥居の後ろの大楓
Dsc_0199


Dsc_0206


・神社の横、裏など
Dsc_0066


Dsc_0074


Dsc_0077


Dsc_0080


Dsc_0082


Dsc_0083


Dsc_0097


Dsc_0108


Dsc_0127


Dsc_0130


Dsc_0132


Dsc_0140


Dsc_0142_01


Dsc_0161


Dsc_0162_01


Dsc_0170


Dsc_0172


 帰る時になって日が射してきました。
Dsc_0262




 これは本日撮影の1日遅れのスーパームーンです。(2016.11.15 21:14撮影)
Dsc_0012

 十六夜の月なので、満月の翌日なので右側がチビッと欠けていますが、それでも大きくて明るかっです(月齢は15)。  昨日の今日なので、距離で900㎞、視直径で0.3%しか違わないそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月14日 (月)

28.11.14 大仏池の銀杏など

28.11.14(月) 東大寺大仏殿脇の大仏池の銀杏など大仏殿周辺を撮りに行ってきました。もう十分黄葉していました。また、もみじも大分色づいて、紅葉本番です。


※画像は右側がケラレて表示されていますが、画像を左クリックすると、ケラレのない拡大画像を見ることができます。all rights reserved.


<大仏殿周辺>

・大仏池と大銀杏など。
Dsc_0071


Dsc_0072


Dsc_0088


Dsc_0038


・戒壇院周辺です。大仏池へ至るまでに撮影。
Dsc_0025


Dsc_0027


Dsc_0032


・大仏池で撮っていると降り出し、風も吹いてきました。よくしなっています。
Dsc_0116


 銀杏の生命力の強さを感じさせます。
Dsc_0117


・大仏殿の北側へやってきました。ここは被写体が結構あるのに殆ど人がやって来ません。じっくり撮るにはいい所です。
Dsc_0136


Dsc_0145


Dsc_0152


Dsc_0200


・大湯屋を見ながら二月堂へ向かいます。
Dsc_0239


Dsc_0244


Dsc_0250


・ここから二月堂です。堂内は三脚は御法度です。
Dsc_0326


Dsc_0312


Dsc_0318


Dsc_0333


Dsc_0338


Dsc_0345


Dsc_0359


・二月堂から降りてきました。
Dsc_0362


Dsc_0368



・東塔跡近くです。東塔跡は発掘調査中です。
Dsc_0378


Dsc_0382


・鏡池です。周囲は観光客で一杯。外国語も飛び交っています。
Dsc_0386


Dsc_0389


Dsc_0391


Dsc_0393


Dsc_0012



・これは文化会館前の公園。もうとてもよく紅葉していました。ここも回ればよかった、出庫が早すぎたと後悔しました。(信号待ちで車中から撮影。)
Dsc_0400



 このあと宇陀の鳥見山公園へ行きましたが、そのアップは明日に。(神社裏手の紅葉はもうOKです。)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年11月11日 (金)

28.11.11 雑記

28.11.11(金) 今日は訪問件数がとても多く、検索キーワードを調べてみるとなんと9割以上が行者還林道の「ナメゴ谷」関連。殆どが11/7の記事。なんでこんなに爆発的な検索があったのか。TVで紹介とかあったのでしょうか。
 でも、不通区間はまだそのままのようだし、この週末、あの狭い林道に沢山の車が集中すると、対向できず二進も三進も行かなくなる。数珠つなぎでかわす・・・かわせるかなぁ・・・想像するだけでも恐ろしい。

 ところで、当プログは、奈良の花などの旬の情報をお伝えできればということで始めたものですので、大勢のご来訪はありがたいことですが、検索ワードのちょっとした違いで何年も前の記事に当たったりしていることも屡々見受けるのが惜しいことです。右サイドの「最近の記事」に目が行ってくれればいいのですが、どうもそこに気がつかない方も結構おられるようで、残念なことです。検索条件にリリースの時期などを加えてみるのも一法ですね。

 さて、明日は濃いPM 2.5の来襲が予想されています。大いに迷惑なことですが、写真的には夕焼けはいい色になるかもしれませんね。

 週明けの14日(月)は満月でスーパームーン。撮れたら撮ってみたいですね。


Dsc_0009_01

   これは今日の夕景。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年11月 9日 (水)

28.11.09 鳥見山公園

28.11.09(水) 遅れていた紅葉、ここに来て急に追いついてきたようですね。で、今日は鳥見山公園(奈良県宇陀市)を偵察してきました。ぼちぼち色づき始めといったところで、今週末が見頃のようです。

 なお、蜂に注意という看板が幾つも設置されていました。蜂は黒い物を狙って刺すといいますから、服や帽子など衣類は白系統のもののほうがいいでしょう。

※画像は右側がケラレて表示されていますが、画像を左クリックすると、ケラレのない拡大画像を見ることができます。all rights reserved.


 管理事務所前の銀杏。見事な色づきです。
Dsc_0001


 石の鳥居裏の大楓。まだこれからです。
Dsc_0022


 池の周りは大体OK。
Dsc_0006


 水鏡を撮ってみました。
Dsc_0017


Dsc_0019


Dsc_0029


Dsc_0124_2


Dsc_0033


Dsc_0037


 ここからは、神社の横手です。
Dsc_0042_01


Dsc_0045


Dsc_0046


Dsc_0050


Dsc_0053


Dsc_0058


Dsc_0062


Dsc_0074


Dsc_0081


Dsc_0092


Dsc_0097_01


 公園の北西辺りです。
Dsc_0154


 本日の締め。
Dsc_0070_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年11月 7日 (月)

28.11.07 行者還林道 ナメゴ谷の紅葉

28.11.07(月) 4日に天川村川合から道標90番まで見た行者還林道、今日はR169天ヶ瀬から入ってナメゴ谷を見てきました。
 ナメゴ谷のビュースポット(道標64番)に7時頃に着きましたが、既に10数台路駐。あの狭い足下の悪い場所は三脚がずらり。(一体、何時から来てんねん。ブツブツ・・・) 気温は4度。

 谷の南斜面上部には、濃いめの薄雲?が張り付いて光が回ってこず、おまけに靄っていて対岸のあの稜線の色づきがが一向にハッキリしません。13時までに帰宅しないといけないので気が焦りますが好転するまで待っているわけにもいかず、テキトーに見切りを付けて下りてきましたが、道中、近い谷間から見上げると色づいているのが分かりました。標高800mから上はもう十分OKです。

 R169沿いも、新伯母峯トンネルから南の山肌ははもういい色づきでした。今週はいい塩梅でしょう。北側も大迫ダム辺りから上は大体OKで、それより標高の低い所では今週末くらいが良さそうに感じました。

 なお、行者還林道の不通区間は、道標68番から90番の間でした。

※画像は右側がケラレて表示されていますが、画像を左クリックすると、ケラレのない拡大画像を見ることができます。all rights reserved.


<ナメゴ谷>

 ビュースポットの混雑ぶり。早朝からご苦労様です。奈良、大阪だけでなく、京都、三河、長野ナンバーも。熱意とご苦労のほどが忍ばれます。
 天気がハッキリせず、皆さん光待ち。
Dsc_0046


 で、気の弱い拙者は、僅かな間隙から遠慮しいしい数枚だけ撮影。あとは、周辺で時間つぶし。
Dsc_0023


Dsc_0032


Dsc_0024


Dsc_0028


Dsc_0037


Dsc_0041


 少し光が入ってきました。しかし、肝心の対岸(南斜面)にはまだ入ってきません。
Dsc_0049


Dsc_0066


Dsc_0054


 が、すぐまた陰りました。拙者早く帰らないといけないので、光の柔らかい内に撮りながら帰ることにしました。
Dsc_0063


Dsc_0071


Dsc_0076


Dsc_0089


Dsc_0090_01


Dsc_0104



<R169沿い>

 皆さんあのビュースポットにご執心ですが、R169沿いにもいい被写体が結構あるんですよ。その気になれば、半日でも粘れます。

Dsc_0111


Dsc_0124_01


Dsc_0144




 今日の夜明けと日暮れ

・夜明け
 ほのぼのとした綺麗な夜明けでしたが、大峰方面に少し雲があるのが気に掛かりました。
Dsc_0001


・日暮れ
 いい日暮れで、お月さんもうれしいことでしょう。
Dsc_0149


 今夜は月齢7。
Dsc_0163

 なお、来週の月曜日(11/14)は、満月でスーパームーン。今回は68年振りの近接距離だそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 4日 (金)

28.11.04 行者還林道の紅葉

28.11.04(金) 今日は早起きして行者還林道へ行ってきました。行者還トンネルの東側の一部区間が通行止めでR169へ抜けられないので、天川村川合から東進しました。行者還トンネルを抜けて下りていくと道標90番で通行止めになっていました。 (R169からだと64番(ナメゴ谷のビュースポット)の少し上から止めているようです。)

 で、紅葉具合は、コース中最も標高の低い白倉トンネルを抜けた所でもまあまあでした。
 ナメゴ谷は、道標97番からしか覗けません。紅葉しているかどうかは、少し靄ってコントラストも発色も鈍くて、「何となくしてるなあ・・・」といった感じで、定かには分かりませんでしたが、標高が高い所は他所から類推して、まず紅葉していることでしよう。しかし、低い所はR169から回ってきて見てみないとあきませんね。

 それより、この酷道、一部区間通行止めのため通り抜けられないので、案の定、対向困難が更に増し、バックやギリギリのすれ違いやら膨らみで待機すること5度や6度ではありませんでした。土日に行くのは止めた方がよろしかろ。二進も三進もいかなくなります。

 天候は、早朝は薄曇りでしたが、すぐに晴れてきました。気温は4度。山シャツにフリースでOKでした。


※画像は右側がケラレて表示されていますが、画像を左クリックすると、ケラレのない拡大画像を見ることができます。all rights reserved.



○白倉トンネル~神童寺谷出会

Dsc_0015


Dsc_0003


Dsc_0010


Dsc_0040


Dsc_0050


Dsc_0060


Dsc_0070


Dsc_0080


Dsc_0140


Dsc_0154


Dsc_0162


 これは帰途に撮ったもの。光が回ってきました。
Dsc_0303



○布引谷
  個人的には、ナメゴよりこちらの方が好きです。

Dsc_0173

 ↑の一部を拡大すると↓。

Dsc_0255


Dsc_0177


 弥山は冠雪 or 霧氷。行者還トンネル西口は、弥山の登山客の車が一杯駐まっていました。それもあってか、道はなお混みます。
Dsc_0175


Dsc_0181


Dsc_0278


Dsc_0279


Dsc_0282


Dsc_0293


Dsc_0298



○行者還トンネル東口~道標90番

Dsc_0184


Dsc_0188


 以下5点は、道標97番からの展望。ナメゴ谷の山襞(稜線)をアップして撮っても紅葉具合は分かり難いです。
Dsc_0195


Dsc_0199


Dsc_0200


Dsc_0202


Dsc_0204


Dsc_0219


 道標90番地点。
Dsc_0227

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »