« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月

2016年8月31日 (水)

28.08.31 8月終わる

28.08.31(水) 一昨日、待望の雨がしっかりたっぷり降ってくれました。同時に涼気を連れてきてくれました。東北や北海道は降りすぎて大変なことになって、とてもお気の毒なことです。お見舞い申し上げます。
 関西では、お盆が過ぎれば秋の気配が来るはずだったのが来なくて、やっとその気配がしだしたところです。昨日、一昨日はクーラーも扇風機も不要でした。明日から9月。このまま涼しくなってくれたらいいのですが。

 PM 2.5 もとりあえず収まり、日の入りはとても眩しい黄金色。

Dsc_0006


Dsc_0021


 画面中央の光点は、宵の明星 金星。今日の光度は△3.9等級。これからどんどん明るくなってくることでしょう。金星の右下の木星(△1.7等級)は天文薄明のオレンジ色に紛れて見えません。(左クリックして画像を拡大すると金星が分かります。)
Dsc_0031



 ここから閑話休題。爺々論々みたい。

 先日本屋で見つけた

  「アメリカはなぜ日本を見下すのか ? 」(ジェイソン モーガン著 ワニブックス PLUS新書  830円)  はとても貴重な情報が満載です。

 アメリカ及びアメリカ人の振るまいを見ていると、子どもの頃から、なぜこんなに押しつけがましく、かつ、独善的で傲慢なのかと疑問を感じることが度々ありました。
 これらの点については、これまで高山正之氏を始めケント・ギルバート(米国人)、ヘンリー・S・ストークス(英国人)、高橋史朗、渡辺惣樹など各氏の著作で、メイフラワー号でやってきた清教徒が先住民に何をしたか、キューバに対し、ハワイ王朝に対し、フィリピンに対し、さらには日本に対し、何をしてきたか。奸計と虐殺という血塗られた野蛮な歴史であったことは分かっていましたが、この本の捨てがたいところは、アメリカ人自身がアメリカ(人)の振る舞いをキリスト教就中清教徒の偏狭と独善性にその根元があることを明らかにしていることです。宗教は、大抵の国でその国民性の成り立ちに大きな影響を及ぼしています。アメリカのそうしたバックボーン、精神性がとてもよく分かります。そしてアメリカ歴史学会の偏狭さも。アメリカ(人)は、とてつもなく野蛮なのです。(アメリカとは同盟していますから当面喧嘩はできませんが、いずれはそのくびきから脱しなければなりませんね。安倍さんの戦後レジームからの脱却を待っているのですが、最近とんと聞こえてきません。どうなっているのでしょうね。)
 
 で、この本はわずか830円です。是非ご一読を。
 なお、ストークス氏の
 ・「なぜアメリカは、対日戦争を仕掛けたのか」
 ・「英国人記者が見た 連合国戦勝史観の虚妄」
 ・「英国人記者が見た 世界に比類なき日本文化」
    (いずれも祥伝社新書 780~800円)
 もとてもためになる本です。特に、日本では女性が虐げられてきたなんて真っ赤なウソに感化されてきた方は、是非、上記の「世界に比類なき…」を ( 併せて、新渡戸稲造の「武士道」、山川菊江の「武家の女性」なども ) お読み下さい。世界観、人生観が一変しますよ。いずれも読みやすいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月26日 (金)

28.08.26 本薬師寺跡のホテイアオイ、橘寺の芙容

28.08.26(金) 今日も猛暑でしたが、本薬師寺跡のホテイアオイがぼちぼち見頃ということで撮りに行ってきました。橘寺の芙容もぼちぼち咲き出す頃なので偵察してきました。


※画像は右側がケラレて表示されていますが、画像を左クリックすると、ケラレのない拡大画像を見ることができます。all rights reserved.



<本薬師寺跡のホテイアオイ>

Dsc_0022


Dsc_0032


Dsc_0033


Dsc_0034


Dsc_0037


 寝転べないので、ノーファインダー、当てずっぽで撮りました。
Dsc_0045


Dsc_0052


Dsc_0054


Dsc_0060


 猫持参の方がおられ、撮らせて頂きました。でも、滅多に無いことなので焦って、ピントが甘かった。
Dsc_0070


Dsc_0075


 地面に落ちる影が面白かったのですが、どうしてもホテイアオイを入れることに拘ってしまった…。
Dsc_0091


Dsc_0020


 ご参考 駐車場の状況
Dsc_0095


 駐車場全景。わざとピンボケで。
Dsc_0093



<橘寺の芙容>

 やはりまだ早かったですね。酔芙蓉の見頃は、例年だと敬老の日の頃です。、

 西門辺りから川原寺方面。「光の回廊」の準備が見えています。
Dsc_0098


 今咲いているのは本堂とトイレの間。
Dsc_0101


Dsc_0105


Dsc_0114


Dsc_0116


Dsc_0124


Dsc_0126


Dsc_0129


Dsc_0133


Dsc_0137


 東門辺り。
Dsc_0145


 こむらさきが色づき始めていました。
Dsc_0151


Dsc_0157


Dsc_0168


Dsc_0182


Dsc_0201


 西門から金剛山方面。
Dsc_0204




 以下は帰り道で。

 大淀町にて。
Dsc_0208


 帰宅後見た彩雲。
Dsc_0221

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年8月21日 (日)

28.08.21 遠くの夕立

28.08.21(日) 今日は PM 2.5 の襲来が無くて、朝から山がスッキリ見えていました。昼前からは雲が沢山湧いてきて、今日こそ雨が降るかと楽しみにしていたのですが、今日も降らず。

 夕方、西の空を見たら、大きな金床雲が見えました。調べてみたら、この時刻にこの方角で夕立していた所は岡山県の美作地方でした。美作まで直線で約 140 ㎞。随分遠い所まで見えるものです。


※画像は右側がケラレて表示されていますが、画像を左クリックすると、ケラレのない拡大画像を見ることができます。all rights reserved.



 もう16時前だというのに、岩湧山がまだこんなにクリアに見えています。PM 2.5 が来襲したときは、12㎞先の岩湧山が全く見えないことすらよくあります。アレは、健康に悪いに違いありません。
Dsc_0030


 しょうこ~ぅ 。今日15:00 のPM 2.5 拡散予測図。
Dsc_0078



 淡路島の背後に大きな金床雲。美作方向。
Dsc_0062

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年8月19日 (金)

28.08.19 雨が欲しい

28.08.19(金) 我が家周辺は、このところ全く雨が降らない。8月6日にかなり久し振りの雨が降っただけで、それ以来全くなし。降雨レーダーを見ていると、狭山や千早ではこの数日どっさり降っていて、今日こそはウチら辺りも降るかと連日待っていても雨雲は逸れていく。今日も今日とて、夕方、大雨洪水警報が出たので楽しみにしていたのに、またしても空振り。明日は地域の夏祭りなのだが、そんなときに限って降るなんてことがないように願いたい。


※画像は右側がケラレて表示されていますが、画像を左クリックすると、ケラレのない拡大画像を見ることができます。all rights reserved.



 南の空にはこんな積乱雲。こっちへ来~い。
Dsc_0002


 西の空はこんなにきな臭い色。こういう色の場合、その下ではどっさり降っていることが多いです。カラスも雲行きを心配してくれているのか…。
Dsc_0011_2


 北西の空は、雲が入り乱れています。更に激しい雨でしょう。
Dsc_0017

 
Dsc_0012




 ところで、3人が亡くなった R169 大迫トンネルでの事故、行者還林道や大台ヶ原へ行くのに毎年何回か通るトンネルなので、他人事ではありません。

 大迫ダムのほん手前にあるこのトンネルは、長さは幾らも無いのですが、坑内は暗く、おまけにゆるやかにカーブしていて前方の坑口からの光も入ってこないので、進入してカーブに差し掛かると急にとても暗くなって、先行きが分かり難いのです。
 一方、最近、トンネル内で無灯火の車を見かけることがよくあります。車体のカラーは、拙者の経験では黒が多いようで、その後続車のライトが無ければ視認が困難です。こういう車を見つけたら、一瞬、ハイビームにして注意喚起しているのですが、通り過ぎて後灯が点くかどうか見守っても、点けない車の方が圧倒的に多く、こういう車は確信犯と思わざるを得ません。横着をかましているか人をビックリさせてやろうという無責任な愉快犯か、どちらかでしょう。特に、R309 水越トンネルのようにそれほど明るくもないトンネルながら直線区間もそこそこあり、一方では上りでダンプや大型車のトロトロ運転で焦らされた後続車がここで追い越しをかけることがよくあるのですが、対向車線の無灯火車に気づくのが遅れたら一巻の終わりです。巻き込まれる車もあることでしょうし、大迷惑なことです。
 大迫トンネルの場合、対向車のライトに気づきやすくするためにわざとカーブで暗くしているのかも知れませんが、無灯火車が横行している昨今の状況からすると、これは構造的な問題も存在すると言わざるを得ません。明るくするべきです。

 また、R169では、杉の湯の道の駅から南へ二つめの高原トンネルも大迫トンネルと同じような造りで(カーブがあり、その辺りで急に暗くなる。)、今回と同じような事故が起きる可能性は高いと思います。

 ルールとマナーが守られば防げる事故なので、お互いこれらをよく守り、かつ、注意と用心が肝要ですが、トンネル内の照明の強化とか、無灯火車の取り締まりとか、行政も責務を早急に果たして欲しいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月16日 (火)

28.08.16 本薬師寺跡のホテイアオイ

28.08.16(火) 十日ほど前に行った時はまだまだ全然ダメで、僅かに西端の田んぼだけ咲き出していただけでした。で、その後どうなってるやろと偵察に行ってきました。咲き出している田んぼは増えていましたが、まだ殆ど咲いていない田んぼもあり、全体ならして3分咲きといったところでしょうか。やっぱり今年は開花が遅いです。


 田んぼを駐車場から反時計回りに撮りました。

 なお、駐車場は無料ですが、開場は 08:30 ~ 17:00 です。(キャパは20台位)


 ※画像は右側がケラレて表示されていますが、画像を左クリックすると、ケラレのない拡大画像を見ることができます。all rights reserved.


Dsc_0004


Dsc_0006


Dsc_0011


Dsc_0017


Dsc_0023


Dsc_0028


Dsc_0037


Dsc_0038


Dsc_0030


Dsc_0013




 なお、平城宮跡の蓮田にも寄ってみましたが、案の定、「宴の後」でした。ただ、枯れた花托狙いの方にはグッドですね。

Dsc_0040


Dsc_0045


Dsc_0052


Dsc_0055

 ↑↓ どういう訳か、花托は殆ど同じ方向(南南西)を向いています。

Dsc_0059


Dsc_0060



 帰途、とある所でゲット
Dsc_0066


Dsc_0065




| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年8月12日 (金)

28.08.12 夕焼け

28.08.12(金) 先週6日に久々の雨が降りましたが、それ以後も今後も暫く降雨が見込めません。台風もこの時期にしては珍しく東海上を抜けていきます。これでは干ばつ?の懸念さえ感じられて、怖いぐらいです。一方、PM 2.5 の来襲もあったりして、これらのせいかこのところ夕焼けがきれいです。幸か不幸か…。

 明日からお盆ですね。若い頃は親が健在だったので長男とはいえ拙者は親任せで、お盆といってもさほど意味も分からず、親戚が寄って、飲んで喰ってはぐちゃぐちゃ話しをするのを見たりお墓というちょっと怖い所に行ったりして、ちょっとうっとうしい行事位にしか捉えてなかったのですが、その後両親を見送り、お仏壇に毎日手を合わすようになり、また、杉本鉞子氏の「武士の娘」を読んで、お盆の意義がやっと分かってきたように思います。そのせいか、両親を始めご先祖様の御霊が拙者共のところにお迎えすることをとても楽しみに感じるようになりました。霊の存在なんて現在の科学でも検証出来ないことですが、それでも拙者にとっては、そうあってほしいことです。両親ともう一度ゆっくり話しをしたいですね。


※画像は右側がケラレて表示されていますが、画像を左クリックすると、ケラレのない拡大画像を見ることができます。all rights reserved.


・8/10
Dsc_0112


Dsc_0121


Dsc_0113


Dsc_0125



・8/11
Dsc_0137


Dsc_0138


Dsc_0141



・8/12
Dsc_0151


Dsc_0217


Dsc_0223

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年8月 7日 (日)

28.08.07 立秋の夕

28.08.07(日) 今日は早くも立秋。残暑お見舞い申し上げます。

 立秋とはいえ、今日は猛暑。今日も昼から降ってくれないかと期待していた ( 昨日は昼から雷雨で久し振りのお湿り ) ですが、かんかん照り。夕方、高野山方面に夕陽に照らされた入道雲が見えました。

 昨日の猛雨のお陰でお墓の草引きもし易かろうと、朝から墓掃除に行ってきました。予想どおり土が軟らかくなっていて、とても楽に抜けました。お盆にはあまり苦労しなくて済みそうです。

Dsc_0013


Dsc_0087


Dsc_0097

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年8月 5日 (金)

28.08.05 石光寺の百日紅、藤原宮跡の蓮、本薬師寺跡のホテイアオイ

28.08.05(金) 今日は、毎年恒例の石光寺、本薬師寺跡、そして今年4度目の藤原宮跡へ行ってきました。

・石光寺の百日紅は、遠目では分かりませんが、近づいて見るとやはり峠過ぎ。もう実が沢山なっていました。そういえば、例年はもっと早くに行ってました。

・藤原宮跡の蓮は、もう見る影も無いやろと思っていたのですが、豈図らんや、花托も沢山ありましたが、花も蕾もまだまだ一杯あり、まだ暫くは見頃が続きそうです。

・本薬師寺跡のホテイアオイは、まだ全然だめ。一番西側の田と、東端の蓮田の手前の田で咲き出しているだけでした。例年、燈花絵の始まる頃には少しは見れる咲き具合なのですが、今年はちょっと遅れ気味です。


※画像は右側がケラレて表示されていますが、画像を左クリックすると、ケラレのない拡大画像を見ることができます。all rights reserved.



・石光寺の百日紅

Dsc_0003


Dsc_0007



・藤原宮跡

Dsc_0016


Dsc_0024


Dsc_0070


Dsc_0073


Dsc_0074


Dsc_0047


Dsc_0059


Dsc_0065


Dsc_0037



・本薬師寺跡のホテイアオイ

 三脚は禁止されているのでご注意。
Dsc_0076


 一番西端の田。
Dsc_0078

 ↑のアップ。
Dsc_0080


Dsc_0081


Dsc_0089


 東端の蓮田とその手前の田。
Dsc_0093



・世尊寺の百日紅

 境内の白い大きな百日紅がよく咲いていました。これ以外は花は何も咲いてません。

Dsc_0103

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »