« 27.08.18 ノートン、また不貞寝 ? | トップページ | 27.08.28 橘寺の芙容、石舞台周辺の萩 彼岸花 »

2015年8月19日 (水)

27.08.19 藤原京跡の蓮、本薬師寺跡のホテイアオイ

27.08.19(水) 今月は、夏祭り、お盆、墓参り、お寺さん、胃がん検診、肺がん検診、その合間に孫守り と、結構忙しく、藤原京跡の蓮ももう撮影終了としていたのだが、今日は雨が降ったり止んだり、空も明るい。こういう時は、いらん影も出ず、滴も沢山あって花の撮影に持ってこい。というわけで、朝からの用事を済んだあと早昼喰って藤原京跡へと南阪奈道を飛ばしました。13時過ぎに着いたのですが、蓮は早くもしぼんでいて、努力は報われませんでした。

 このあと本薬師寺跡のホテイアオイを撮り、もう一つの目的だった万葉文化館で日本画を観て帰ってきました。


※画像は右側がケラレて表示されていますが、画像を左クリックすると、ケラレのない拡大画像を見ることができます。all rights reserved.


<藤原京跡>

 蓮は、もちろんもう終盤。蕾よりも花托の方が圧倒的に目立ちます。

Dsc_0002


Dsc_0006


Dsc_0113


Dsc_0029


Dsc_0065


Dsc_0085


Dsc_0101


Dsc_0119


Dsc_0131


Dsc_0148




<本薬師寺跡>

Dsc_0191


Dsc_0199

 中央部の南から見た↑東側の田んぼ、↓西側の田んぼ。

Dsc_0200


 東側の田んぼの良く咲いているところ。
Dsc_0204


 東端の蓮田。
Dsc_0236


 以下4点は、Carl zeiss T*1.4/85で。絞りはいずれも f 4。手持ち。

Dsc_0221


Dsc_0228


Dsc_0237


Dsc_0240
 この切れ味はなんとも言い難い凄さがあります。

|

« 27.08.18 ノートン、また不貞寝 ? | トップページ | 27.08.28 橘寺の芙容、石舞台周辺の萩 彼岸花 »

写真」カテゴリの記事

コメント

昨日行かれたのですね。
やはりお昼からより朝早い方がいいみたいですね。
私はそろそろ行きたいと思いながら
晴れが好きなので今週はお天気が悪そうなので
行けてません。
週末には晴れ間がでてくれたら行けるかしら・・・

ノートンの事は分かりませんが
困りますね。 もう良くなりましたか?

投稿: 彩 | 2015年8月20日 (木) 21時14分

彩さん こんばんは~。
 昨日は朝から肺がん検診などあったので午後からとなってしまいました。あんなに早くしぼんでしまうとは予想外で、残念でした。曇天時は店じまいが早いのですね。
 花は、週末でしたらなんとか滑り込みセーフだと思います。アップ、お待ちしています。
 
 ノートン、困ったものです。昨日いっとき機嫌が直ったのですが、今日またぐずっています。これ以上続くようだったら勘当もありですわ。

投稿: ズボラッチ | 2015年8月20日 (木) 23時44分

Carl zeiss、いいですね~(^_-)-☆
これで人の写真(漁師さんとか)撮ったら、なかなかアートな作品が撮れそうですね。

蓮、今年の夏は、実物とズボラッチさんの作品で、2度美味しく堪能させていただきました、ありがとうございますm(_ _)m

ホテイアオイは、まだしばらく咲いてくれそうなので、どういうシーンできり撮ろうか、ズボラッチサンのお写真を眺めながら思案中です(^-^)

投稿: りりちゃん | 2015年9月 1日 (火) 20時25分

りりちゃんさん
 Carl zeiss、良いですけど、絞り1.4の開放だと、85㎜だけでなく50㎜でさえ輪郭が滲み、ピント合わせがムチャ難しいです。それが味だと言うのですが、ネイチャーではなかなか1.4で撮ることは少なくて、また、人物となると相手が動くのでなおさらピント合わせは難しいだろうと思います。ホテイアオイのときは、風が無かったので85㎜の最近接距離辺りでで撮ってみました。
 聞くところによると、85㎜で人物を撮る時は、ピントは固めておいて撮影者自身が前後に動いて数カット撮るんだそうです。りりちゃんはSONY使いだから、zeiss使えますね。是非お使いになって、いい写真を拝見させてください。

投稿: ズボラッチ | 2015年9月 1日 (火) 22時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 27.08.19 藤原京跡の蓮、本薬師寺跡のホテイアオイ:

« 27.08.18 ノートン、また不貞寝 ? | トップページ | 27.08.28 橘寺の芙容、石舞台周辺の萩 彼岸花 »