« 27.05.11 滝谷花しょうぶ園の鉄線 | トップページ | 27.05.18 霊山寺のバラ »

2015年5月13日 (水)

27.05.13 京都府立植物園のバラ

27.05.13(水) 今日は飲み会があったので、昼間は京都府立植物園のバラを撮りに行ってきました。例年だと20日頃が見頃ですが、今年は早まっているのでひょっとするともう見頃かもと思っていたのですが、その通りでした。しかし、咲き方がなんとなく変。品種によっては、もう散り花も結構あったり、或いは蕾も沢山見かけたりと、リズムがバラバラ過ぎる感じでした。例年はこんなにひどくなかったと思います。また、芍薬も散っている花が目立ちました。

   今日はピーカンで風も強くて、接写が撮りにくかったです。

※画像は右側がケラレて表示されていますが、画像を左クリックすると、ケラレのない拡大画像を見ることができます。all rights reserved.

Dsc_0021


Dsc_0028


Dsc_0096


Dsc_0107


Dsc_0098


Dsc_0109


Dsc_0113


Dsc_0126


Dsc_0138


Dsc_0198


Dsc_0204


Dsc_0210


Dsc_0226


Dsc_0229


Dsc_0143


Dsc_0152


Dsc_0160


  以下、アップなど。

Dsc_0035


Dsc_0065


Dsc_0067


Dsc_0080

   ↑はレフで日陰を作って撮ったもの。↓は直射日光のまんま。

Dsc_0084


   帰る頃、この花に やっと日陰が回ってきました。
Dsc_0263


     木漏れ日
Dsc_0270


    昼食は、お向かいの東洋亭でカレーを食べようとしたのですが、なんと、本店では百年カレーは提供してないんですって。しかたなくオムライスにしましたが、ここのオムライスちょくちょく食べますが、味が単調なので、これを食べきるのにいつもかなりの忍耐力が必要になります。同じオムライスでも京都国立博物館のからふねやの方が拙者には合っているみたい。といいながら、トマトサラダは単品を別注して合計二皿食べました。暑いときはやはりね。

   このあと文化博物館で「京に生きる琳派の美」を鑑賞。琳派といえば、独創的で大胆な構図で、豪快さ、力強さ、骨太のイメージがあるのですが、今回の展示は割合繊細なものが多かったですね。ちょっと意外でした。

 来週21日から京都伊勢丹の駅美術館でアプリケの「宮脇綾子の世界」展がありますね。この方の作品はとてもデザイン的で洒落ていて、また、可愛らしくもあり、これまで2度観ていますがいつも感動します。
 デザイン的、洒落ているといえば我が国の伝統工芸品ですが、「日本伝統工芸展」が京都高島屋で(来週だったか?)あります。これも楽しみです。

 

|

« 27.05.11 滝谷花しょうぶ園の鉄線 | トップページ | 27.05.18 霊山寺のバラ »

写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 27.05.13 京都府立植物園のバラ:

« 27.05.11 滝谷花しょうぶ園の鉄線 | トップページ | 27.05.18 霊山寺のバラ »