« 26.07.14 藤原京跡の蓮 | トップページ | 26.07.25 伊吹山の高山植物、醒ヶ井の梅花藻 »

2014年7月18日 (金)

26.07.18 藤原京跡の蓮 など

26.07.18 早起きして藤原京跡に蓮を撮りに行ってきました。もう見頃にさしかかっています。今日のところは、蕾が開いたばかりの小振りで活きのいい花が多く、大きい花はそれほど多くはなかったです。なお、今年は、白花が多いですね。 この3連休は絶好の咲具合いでしょう。

   奈文研の南側の蓮田も咲き出していました。

   また、明日香小学校北側の蓮田は、よく咲いていました。(ここのは殆ど八重ばかり。) 。


※画像は右側がケラレて表示されていますが、画像を左クリックすると、ケラレのない拡大画像を見ることができます。all rights reserved.

<藤原京跡の蓮田>

   まずは全体の傾向が分る絵を。

   今日も結構な人出で、広く撮るのは撮りにくいです。自転車やバイクを田んぼ横に駐める人までいて、かないません。

Dsc_0032


Dsc_0379


Dsc_0221


Dsc_0284


Dsc_0376


Dsc_0147


Dsc_0407




   以下、適当に。


     着いたのは4時半頃。しばらくして日の出。しかし、今日は朦朧とした空気。そのうえ東の地平近くは雲がべったり張り付いていました。

Dsc_0060_01
 (ストロボ、不使用。大気が朦朧としていたので、日の出直後の太陽も朧で、花との明暗差はあまりなかったです。ただし、View NX2 で花を少しシャドウ起こししています。)

   参考 ↑の写真の露出が信じられない方に
            ↓これは↑と同じ位置で立ったまま撮ったもので、アスペクト比を16:9にした以外は全くのノーレタッチ(無修正)。朧な大気のなせる技です。こんな天候は珍しい。ただ、立ったままだと、どうしても人家が写りますので、しゃがまないといけません。
Dsc_0056


Dsc_0104_2
   (ストロボ、使用。ただし、発光面を手で覆って調整。)


Dsc_0078
 
   (同上)


Dsc_0140


Dsc_0118


Dsc_0131


Dsc_0175


Dsc_0178


Dsc_0196


Dsc_0208


Dsc_0217


Dsc_0236



Dsc_0245


Dsc_0257


Dsc_0260


Dsc_0351_2


Dsc_0367


Dsc_0394


Dsc_0336





<奈良文化財研究所 南横の蓮田>

Dsc_0413


Dsc_0414

    なお、もう数10㍍南に、八重の蓮が咲いている田があります。




<明日香小学校 北側の蓮田>

Dsc_0416

    ここは、Pはないので路駐しかありませんが、小学校のすぐそばなので、登下校時間帯は遠慮しましょう。

|

« 26.07.14 藤原京跡の蓮 | トップページ | 26.07.25 伊吹山の高山植物、醒ヶ井の梅花藻 »

写真」カテゴリの記事

コメント

早起き、がんばりましたね。

今朝は曇り空だったので、暑さは少しはマシだったんではありませんか。
我が家は剪定に精出してました。

最後の写真、水滴がいぃ感じですね。

投稿: 温泉たまこ | 2014年7月18日 (金) 14時06分

こんにちは。
もうだいぶ咲いて来ましたね、
昨年は8月初旬に満開でしたので
その頃に行こうと思いましたが
7月下旬でも良いかもしれませんね。
ありがとうございました。

投稿: 彩 | 2014年7月18日 (金) 18時46分

温たまさん、こんにちは。

 太陽光が蓮葉の隙間から水面に当たった反射ですので、きついですね。撮ったときは逆光だったので、どれくらいに写っていたのか見分けがつきませんでした。絞りももっと開いた方が多少はよかったかもしれません。
 剪定ですか。この時期、大変ですね。熱中症にご用心。

投稿: ズボラッチ | 2014年7月18日 (金) 19時11分

彩さん、こんばんは。

 この前行ったときからまだ4日しか経っていないのに、意外によく咲いていました。今年は何故か白花が多くて、喜んでいます。ピンクもいいですが、白は清楚で更にいいですね。この週末はお奨めです。

投稿: ズボラッチ | 2014年7月18日 (金) 19時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 26.07.18 藤原京跡の蓮 など:

« 26.07.14 藤原京跡の蓮 | トップページ | 26.07.25 伊吹山の高山植物、醒ヶ井の梅花藻 »