« 25.03.21 京都御苑の枝垂れ桜、桃、近衛邸跡の糸桜 | トップページ | 25.03.25 又兵衛桜、九品寺の枝垂れ桜 »

2013年3月24日 (日)

25.03.24 大美和の杜の枝垂れ桜、井寺池の桜、甘樫の丘の菜の花と桜、下市町立石・伃邑の木蓮、(旧)西吉野村唐戸・川岸の春色

25.03.24(日) 先日の京都御苑は、枝垂れ桜がかなり咲いていたので驚いたが、今年は、梅がまだ終わらぬうちに桜が開花し、また、辛夷、木蓮、トサミズキなども開花して、突然春がやってきたような按配だ。

   で、大神神社(桜井市)の大美和の杜の枝垂れ桜も、ひょっとして咲いているかもと気になって行ってきたのだが、見事に咲いていた。もう満開と言っていいだろう。ただ、展望台周辺の小さい枝垂れ桜はまだまだ。

  井寺池( 山の辺の道・桧原神社の西)池畔の桜も行ってみたが、こちらは、最も東にある1本だけが4分咲き程度に咲いていた以外はまだダメ。しかし、それらは「蕾膨らむ」状態だったので、もう3日もすれば開花するだろう。なお、周辺の河津桜はよく咲いていた。

   このあと万葉の森(橿原市)に行ったのだが、駐めるところがなくて泣く泣くパス(写真は無し)。車道沿いの桜は3分咲き程度。桜園の桜は、車窓からチラと見た限りでは咲いているようには見えなかったが、世間並みに2・3分は咲いていたのではないか。

   甘樫の丘は、展望台まで上がる時間がなかったので、下から見上げて撮ったが、画像を拡大したら、まずまず咲いているように思えた。東南麓の菜の花はよく咲いていた。その奥には桜も咲いていた。

   石舞台の桜は、入場券売場の辺りはまずまず咲いていたが、東側の生け垣代わりの木はまだまだ。ここも駐められなかったので、写真は無し。

   このあと、よしなやで腹ごしらえ。今年になって5・6回行っているが、今日の麺の出来は一番よかった。

   立石、伃邑(下市町)の白木蓮は、よく咲いているものもあるが、メインのでかい木は上半分はよく咲いているが下半分はまだで、地元の方の話しではもう四、五日かかるとのこと。

   下市町の町役場の横から県道20番で(旧)西吉野村唐戸と川岸の春色を愛でに行った。サンシュユ、トサミズキ、桜、紅梅など明るい色とりどりで、とても綺麗だった。曇り空のうえ夕方だったので写真の色が冴えないのは残念。

   又兵衛桜(大宇陀本郷)と九品寺(葛城古道)は、近々チャレンジの予定。


※画像は、右がケラレて表示されていますが、画像を左クリックすると、ケラレのない拡大画像を見ることができます。all rights reserved.


○大美和の杜

250324_178


250324_250


250324_101_2


250324_116


250324_146


250324_148_01


250324_154


250324_157


250324_049


250324_243

       ↓は、展望台から。この周辺の枝垂れ桜は殆ど咲いていない。
250324_259


○井寺池

250324_276


250324_281_2


     以下3点は、東端の木。
250324_265


250324_266


250324_287


      河津桜。この数年、この木をよく撮りました。
250324_292


○甘樫の丘

250324_296


250324_301


250324_312


○立石、伃邑

250324_366


○唐戸

250324_415


250324_416
         このお寺は、光台寺さん。

250324_423


○鹿場

250324_427


250324_437


250324_448


250324_452


○川岸

250324_472
        これで光が十分あれば、彩度が艶やかになって一層際立つのだが…。再チャレンジすべきか。


○賀名生の皇居

       帰り道、賀名生を通ったので久々に寄ってみた。枝垂れ桜がよく咲いていた。

250324_539









|

« 25.03.21 京都御苑の枝垂れ桜、桃、近衛邸跡の糸桜 | トップページ | 25.03.25 又兵衛桜、九品寺の枝垂れ桜 »

写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 25.03.24 大美和の杜の枝垂れ桜、井寺池の桜、甘樫の丘の菜の花と桜、下市町立石・伃邑の木蓮、(旧)西吉野村唐戸・川岸の春色:

« 25.03.21 京都御苑の枝垂れ桜、桃、近衛邸跡の糸桜 | トップページ | 25.03.25 又兵衛桜、九品寺の枝垂れ桜 »