« 24.03.11明日香散策Ⅳ 梅と菜の花 | トップページ | 24.03.16西梅田に春の花 »

2012年3月14日 (水)

24.03.14城南宮の枝垂れ梅、二条城の梅林

24.03.14(水)城南宮の枝垂れ梅が今盛りと聞いて、見に行ってきた。ついでに、二条城梅林の源平咲き分けとやらも見てきた。

   城南宮の庭園「春の山」の枝垂れ梅は、とてもよく咲いていた。紅梅は、今がピークorひょっとしたらピーク過ぎにさしかかったところか。しかし、白梅は、まだまだ蕾をたくさん持った木も多かった。この庭園の縁に椿があり、様々な椿が咲き出していた。ただし、開門の9時に行くと、光が庭園の東の縁にある椿に回らず、椿と梅を合わせて撮るのが無理。11時頃からがよい加減のように思われる。曇り空なら、そんな心配はいらないが。また、ここでは広角系のレンズが重宝するだろう。今日は、持っていかなかったのが悔やまれた。 
  入園料は500円。庭園の開門は9時。Pは無料。
   
   なお、城南宮では、趣きの異なる庭園が六つあるが、いずれも手入れがよく行き届いていて、そう広くもないのに広さを感じさせるいい庭園である。ただ、やはり現実のキャパは小さいので、客が沢山来ると、アングルに苦労するのは否めない。また、三脚も一脚も禁止となっている。


   二条城の梅林は、まだまだ全盛期ではない。咲いていない木、ようやく咲き出した木が沢山ある。源平咲き分け(1本の木で、白花、紅花をつける。)は、3・4本あったが、「蕾膨らむ」といった程度で、咲いている花は紅白各々2輪程度しか見つからなかった。今週末なら少しは咲いているかもしれない。入場料600円、Pも600円だった。期待の梅がそんな状況だったので、C/Pが悪くげっそりした。


   城南宮のあと、北山通りまで昼食に足を伸ばした。油小路、堀川通りと走ったが、油小路のよく混むこと。たった13㎞ほどなのに、50分位かかった。それにつけても、京都市内の道路標示は分りにくい。車線の分岐や収束、右折レーンなど、殆どそこまで行かないと分らない、路面の白書きも消えかけているとか…。車線変更時のマナーも悪いし、京都市内を走るのはちょっと怖い。大阪市内の方がまだマシ。

   また、トイレは、城南宮も二条城も洋式が少なく、不便を感じる人が多いことだろう。


※ブログ画面上、画像の右がケラレて表示されています。画像を左クリックして拡大すると、ケラレのない画像が見られます。


<城南宮 春の丘>
240314_044


240314_017


240314_065_2


240314_063


240314_086


240314_112


240314_117


240314_118


240314_133


240314_150


240314_119


240314_169




<二条城梅林>
240314_272


240314_222


240314_227


240314_226


240314_229


240314_248


240314_263



|

« 24.03.11明日香散策Ⅳ 梅と菜の花 | トップページ | 24.03.16西梅田に春の花 »

写真」カテゴリの記事

コメント

こんばんは~
城南宮の枝垂れ梅見事ですね。
降り注ぐような梅がきれいです。
枝の先の方まで花がついてて可愛いです。

二条城見ごろになっていますね。
源平咲き分けの梅は蕾が沢山ついていますね。
綻ぶのはもう少しのようですね。

投稿: aya | 2012年3月15日 (木) 21時02分

ayaさん、こんばんは

 城南宮の枝垂れ梅、とてもきれいでした。でも、開園の9時から撮ると、WBが「晴天」ではいい色に再現できませんでした。現像時に4700K位に修正したのですが、それでもまだまだ。梅に申し訳ない気がします。
 二条城の梅、蕾のままのが多くてなかなか満開になりません。ほんとにしぶとい木達です。
 ところで、今日ご近所で、白梅なのに1つの花の中に紅い花びらが1枚だけ混じっている木をみつけました。そんな花が幾つもついていました。これも、源平咲き分けなんでしょうか。

投稿: ズボラッチ | 2012年3月15日 (木) 22時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 24.03.14城南宮の枝垂れ梅、二条城の梅林:

« 24.03.11明日香散策Ⅳ 梅と菜の花 | トップページ | 24.03.16西梅田に春の花 »