« 23.06.09久米寺のあじさい、大神神社のささゆり、細川・稲渕の棚田 | トップページ | 23.06.21 30,000ヒットのお礼 »

2011年6月16日 (木)

23.06.16勧修寺、柳生花しょうぶ園の花しょうぶ

23.06.16(木)今日は、京都・山科の勧修寺(「かじゅうじ」が正解。お寺の人 談。)と奈良・柳生の花しょうぶ園へ行って来ました。今日の天気は「くもり、昼前から雨」。勧修寺には8時半過ぎに着き、9時の開園まで前庭の泰山木を撮りながら、早いこと降ってくれへんかなと思っていたら、なんと、ぽつぽつと降り出し、開園時刻には、傘が要るほどに。なんとラッキーな。(念ずれば通ずか。へへっ、今日のロト6が楽しみだ。)

 で、咲き具合は、花しょうぶも睡蓮もよく咲いていました。紫陽花はまだこれからといったところ。受付のおばちゃんの話では、花しょうぶは今週いっぱいとのことでした。入山料400円。Pは無料。
 三脚はOKなので持って入りましたが、傘もささねばならず、結局、三脚は雨ざらしで、殆ど手持ち撮影。両手に花というわけにはいかんワ。このお寺は、花しょうぶの背景に睡蓮とか変化があっておもしろいところです。客は拙者のみ。気分良く撮っていたら、やがて、撮影グループ客が来襲し、団体さんも登場。本日はこれまでと切り上げて、早昼に蕎麦を喰いに萬壽亭橘へ。ところが、この店、駐車場がないようで、なんども辺りをグルグル回ってみたが見つからず。去年(6月13日)は電車だったので気がつかなかったということ。隣の随心院に入れるのも憚られて、結局諦めて外環沿いのとある店で済ます。

 この後、京奈和道を使って、山田川ICからR163を伝って笠置から柳生へ。勧修寺から60㎞、約90分。(外環は六地蔵から観月橋にかけてが混む。笠置からの道は狭くて、対向困難な箇所が多いので要注意。)

 柳生花しょうぶ園は、入ってすぐの田んぼのはまずまず咲いていましたが、ほかの所はよくて4分咲き。紫陽花に至っては、咲き始めといったところ。受付のおばちゃんが言うには、今年は開花が遅れているとのこと。さりとて、見頃は何時 ? と尋ねても返答できず。そして、しっかり650円とられた。ここも三脚は禁止になっていませんが、園路が細いので、土日とか混んでるときは遠慮すべきでしょうね。Pは無料。雨はいよいよ本降り。

 この近くの岩船寺の紫陽花も予定に入れていましたが、ここと大差なしと勝手に想像して、帰途に。本日240㎞走って、18時帰宅。


     ※画像を左クリックすると大きくなります。いつもながら、all rights reserved.


○勧修寺
 お寺の前庭に泰山木の木が何本かあります。花数は多くはありませんが。もう茶色くなったのもありました。旬はいつなんでしょう ?
230616_004

 勧修寺に来た目的は、実は花しょうぶだけでなく、紫陽花も撮りたかったのです。ここのは、配置の妙が感じられるのです。去年より3日遅れで来ましたが、よい便りはなくて…。もう少しよく咲いていてくれたら、もう大満足でした。ここの紫陽花の見頃はいつなんでしょうねえ。残念ながら訊き漏らした。
230616_332

230616_020

230616_034

230616_039

230616_040

230616_059

230616_067

230616_273_2


 氷室池の花しょうぶと睡蓮。
230616_078

230616_082

230616_083

230616_085

230616_098

230616_103

230616_109

230616_125

230616_131

230616_137

230616_146

230616_150

230616_159

230616_163

230616_178

230616_182

230616_186

230616_190

230616_196

230616_220

230616_227

230616_231

230616_243

 何気なく鯉を見ていると、1匹の鯉が1列縦隊の4匹の頭を抑える形で進んでいきます。思わず、日本海海戦の丁字戦法を思い出しました。さて、バトルや如何に。
230616_204

 テキを蹴散らして、悠々隊列を組んでおります。
230616_209

 おっ、西の方(本土)より凱旋のお迎えが…。
230616_210


○柳生花しょうぶ園
 入り口を入ってすぐの所はまずまずの咲き具合でしたが……。
230616_361

230616_362

230616_370

  奥の田んぼへ進むに連れ開花はまばらに。
230616_627

230616_623

230616_619

  これは、手前の田んぼです。
230616_371

  でも、花数が少ないということは、バックの整理がしやすいということでもありまして…。
230616_392

230616_395

230616_405

230616_423

230616_448

230616_501

230616_502

230616_515

230616_519

230616_644

230616_650

  ささゆり。休憩所裏手の崖に咲いていました。去年より数が減っています。
230616_584



○おまけ   帰りに寄った明日香村上(かむら)から見た棚田風景。
230616_681

|

« 23.06.09久米寺のあじさい、大神神社のささゆり、細川・稲渕の棚田 | トップページ | 23.06.21 30,000ヒットのお礼 »

写真」カテゴリの記事

コメント

勧修寺は氷室池に尽きるように思っていましたが、
紫陽花の配置の妙も良いのですね。
桜もきれいですが。

この「配置の妙」、なんだか分かる気がします。
と、いうのは三室戸寺の数多い紫陽花をイマイチと
感じたのは、配置の妙に欠けるからだと気づきました。

昨日、久米寺へ行って来ました。
おそらく、花はほとんど満開に近く見頃だと思いましたが、
咲いている花は少なく、蕾も付いていません。

初めて行ったので、比較は出来ないのですが、
今年、花付きは悪いんじゃないかと思いました。

投稿: 温泉たまこ | 2011年6月18日 (土) 07時34分

温泉たまこさん、おはようございます。
 5時半に目が覚めたので、も一度寝直したらこんな時間になってしまいました。
 昨年、三室戸寺へ行った後勧修寺へ回ったら、仰るように、マッスで見せる三室戸寺に対し、勧修寺は、数は少なくとも配置で見せているなあ、手入れもいいなあと気づきました。勧修寺にはこれまで何度も行ってましたが、去年初めて気づきました。
 久米寺、イマイチだったようですね。今年は、どことも不順で、花も可哀想ですね。どこか、「旧街道の軒先に咲く紫陽花」を撮ってみたくなりました。火曜日まで動けませんが、不順な分、咲いていてくれるだろうと願っています。

投稿: ズボラッチ | 2011年6月18日 (土) 10時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 23.06.16勧修寺、柳生花しょうぶ園の花しょうぶ:

« 23.06.09久米寺のあじさい、大神神社のささゆり、細川・稲渕の棚田 | トップページ | 23.06.21 30,000ヒットのお礼 »