« 23.05.12船宿寺、長岳寺 | トップページ | 23.05.23京都植物園のバラ »

2011年5月17日 (火)

23.05.17葛城山のツツジ

23.05.17(火)葛城山山頂付近のツツジは、例年だと連休明けが見頃ですが、今年は遅れ気味。一説によると、20日頃が見頃 ということでしたが、なんぼなんでも2週間も遅れるってことないだろうと思って行ってきました。駐車場の兄ちゃんもロープウェイの係員も口を揃えて「3分咲き」と。すでに駐車場料金1,000円払い、ロープウェイ料金1,220円払った後なので今さらUターンできず上がるのみ。
 で、この目で見た咲き具合は、確かに3分咲き。咲いている樹もありますが、大半は「蕾膨らむ」といった状態。でも、遠目には咲き具合はあまり関係ないようで、赤一色に見え、広角で撮るぶんには支障は感じられませんでした。平日なのに結構な人出で、ロープウェイはピストン運転していました。

  ロープしたの石楠花はもう下り坂でした。
230517_003

  山頂までの周遊路は、新緑で溢れていました。
230517_006

230517_020

230517_038

230517_194

  さあ、ここからツツジ。山頂から反時計回りに回りました。最初目に入ってきたのは、やっぱり3分咲きか…とがっくりでしたか゜、回って行くにつれだんだん朱で一杯の景色となってきました。
230517_060

230517_066

230517_082_2

230517_071

230517_091

230517_086

230517_076_2

230517_103

230517_111

230517_124

230517_136

230517_131

230517_140

230517_162

230517_174

230517_179

230517_184

230517_198

230517_204

  デッキが写らないよううまく隠して……
230517_215

230517_217

230517_218

  メーンとなるところ全体を俯瞰すればこんな感じ。
230517_219

230517_223

230517_224


  お口直しに、帰り道で見かけたシャクヤクをどうぞ。
230517_277

230517_329



|

« 23.05.12船宿寺、長岳寺 | トップページ | 23.05.23京都植物園のバラ »

写真」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰しております。
つつじ情報有難うございます。
結構、赤いのですが、これでも3分ですか?
行きたいのですが、う~ん、行けるかな?

投稿: 温泉たまこ | 2011年5月17日 (火) 21時56分

 温泉たまこさん、ご無沙汰しています。いつもご覧いただき、ありがとうございます。
 地元情報どおり3分咲きでしたが、ぱっと見には3分とは思えません。これで、霧でも出ていたら最高でした。拙者、十分楽しんでまいりました。
 明日行かれても楽しめると思いますが、これから暫くは良くなる一方ですので、このあと1週間は十分生きのいい花姿を見せてくれるものと思います。是非、お運び下さい。
 

投稿: ズボラッチ | 2011年5月17日 (火) 22時59分

おはようございます。
今日は絶好の行楽日和。
行けたらいいのですが、今日は都合が悪くて・・・。

靱公園や中ノ島のバラ、きれいに撮ったはりますね。
特に真紅のバラは、そのままの色が出ているようですね。
やはり、花を撮るには曇っている方がいいのでしょうか?
露出、抑え目ですか?

投稿: 温泉たまこ | 2011年5月18日 (水) 06時28分

 温泉たまこさん、返事が遅くなってすみません。風邪がぶり返して寝ておりました。
 曇天ですと、どぎつい影や発色を避けられ、他方、柔らかい陰影はつく(こともある)ので、拙者は花や庭園などを撮るときは曇天だと非常に嬉しいです。これに滴でも着けば風情が増すと思います。その反面、レンズ交換には非常に注意が必要ですが…。 ただ、桜のように晴天をバックにすると映えるものもありますし、影を気にしなくて良い場合もありますので、曇天ばかりがよいということでもありません。
 露出は、通常は、スポット測光、マニュアル露出で、被写体の色によって露出量を調整しています(カメラのメーカー、機種、測光方式、また、フィルムの種類によって微妙に違いがありますが。)。格別の意図がない限り、基本的にはそのままの色をきっちり再現することを心がけています。ポジで撮っていたときは、ややアンダー気味で正解でした。
 調整量の判定に困ったときは、グリーン(芝生、葉)を基準に考えることにしています。といっても、今ではすぐ背面液晶で見てさらに補正できますが…。
 参考になつたかどうか分かりませんが、ほんとにバラの色は綺麗ですね。是非、お出かけ下さい。

投稿: ズボラッチ | 2011年5月18日 (水) 10時36分

ズボラッチさん、丁寧なお返事有難うございました。
バラの水滴、ステキです。
緑色を基準に・・・参考にさせていただきます。
お風邪、ご養生下さい。

投稿: 温泉たまこ | 2011年5月18日 (水) 18時01分

 温泉たまこさん、ご心配いただき恐縮です。
 「緑色を基準」ということについて、付言いたします。
 被写体と同じような日の当たり方をしている葉っぱをスポット測光のエリアで測り、
 a クローバーなど明るい目の緑なら±0(ただし、蔭になっている部分があれば-1/3段、見上げたりして空も拾っているようなら+2/3段に設定。黄色っぽい葉なら+2/3段。)
 b 椿の葉など暗い緑の場合は-2/3段
 c 杉林などさらに暗い緑なら-1段
で合わせれば大体標準的な色合いとなります。(ただし、我流ですのであくまでご参考ということで。)

投稿: ズボラッチ | 2011年5月18日 (水) 22時30分

ずぼらっちさん、詳しい説明有難うございます。
プリントアウトして、今度実践してみます。

葛城山、今日行って来ました。
見頃という事で、かなり咲いていましたが、
近くに寄って見ると、まだ蕾なのに茶色く変色している木が多く、ちょっと驚きました。
遠目に見ていると、やっぱり冴えない色合いです。
この蕾の状態で枯れてしまうのではないかと思いました。

私は初めての葛城山のつつじですが、何度も見ておられる
(で、しょう)ずぼらっちさんの見方はどうですか?

この土・日は多いに賑わうでしょうね。
天気が崩れるのを待っていますが、それまでバラが咲いていてくれるか?

投稿: 温泉たまこ | 2011年5月20日 (金) 17時07分

 温泉たまこさんへ
 葛城山のツツジはそんなことになっていましたか。多分、黄砂のせいでしょうか。いずれにせよ、今より良くなるとは考えにくいですね。
 中之島より靱の方が蕾が多かったので、靱の方が有望でしょうか。そうそう、京都府立植物園のバラが今週末に見頃だそうです。天気予報では、土曜は午後から曇り(予想天気図からすると、天候悪化はもっと早いように思えるのですが……)、日曜は曇り時々雨だそうです。昨年は5月23日(雨天)に行ってピッタシでした。(アーカイブから22.05.23の記事をご参照。)
 余計なことを言って恐縮ですが、土曜でしたら、午前は京都高島屋の日本伝統工芸展をご覧になられて、昼食は東洋キャピタル(高島屋にも植物園前にもあり。)のオムライス(付いてくるトマトサラダが美味い。)を食べて、午後撮影に臨まれては如何でしょうか。日曜ならその逆コースで。

投稿: ズボラッチ | 2011年5月20日 (金) 20時49分

 温泉たまこさんへ
 ひょっとすると、5月20日20:49投稿の返信コメントが「非表示」状態になっていたかもしれません。そうだったとしたら、肝心なときに役立たずで、申し訳ありません。次から気をつけて発信いたします。葛城山へ行かれたとしたら無駄足を踏ませたことになり本当に申し訳ありません。

投稿: ズボラッチ | 2011年5月22日 (日) 11時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 23.05.17葛城山のツツジ:

« 23.05.12船宿寺、長岳寺 | トップページ | 23.05.23京都植物園のバラ »