« 21.07.22日食 | トップページ | 21.08.15本薬師寺跡のホテイアオイ »

2009年8月10日 (月)

21.08.09伊吹山、醒ヶ井、箱館山

21.08.10(月)昨日、伊吹山の高山植物、醒ヶ井の梅花藻、箱館山の百合(ゆり園)を撮りに行ってきました。
 天気予報を何度もチェックして、大丈夫と思って行ったのですが、大はずれ。ドライブウェイ入り口に6時過ぎに着いたのですが、ゲートのおっちゃんが、「山頂は、風速8m、雨。それでもよろしいですか ?」と断りを言うのです。往復の通行料が3千円もするので、気が引けたのでしょう。しかし、朝4時に出てここまできて、今更引き返すわけにもいかず、Let's go。最初は何ともなかったのですが、標高800m辺りで道路が東斜面に移ってからは濃霧と風雨。10m~20m先しか見えない状況。ようやく着いた頂上直下の駐車場も同様。車から降りたら、傘も殆ど役立たずのすごい雨風で、たちまちずぶ濡れ。長靴もゴアテックスのレインウェアも持ってはいたのですが、この天候ではカメラ操作ができない !(軟弱者め…)。待つこと2時間。一瞬小止みになったので、西回りの登山路へ。ここは、200mほどまでは風陰になっていました。それで、そこまででシモツケソウ、シシウド、コオニユリ、メタカラコウ、クガイソウをゲットできたので、これ幸いと引き返してきました。(なお、登山路は、雨で泥んこ若しくは小川状態かと懸念しましたが、砕石が地面をしっかりガードしていて、意外とまともでした。(そこから上は知りませんが。)) しかし、おばちゃん方は元気ですね。見ていると、用意の完全装備をして大勢のオバサマ方が続々と登って行きはりました。 …我輩は9時半過ぎに駐車場発。それから醒ヶ井の梅花藻。醒ヶ井も観光客が大勢来てはりました。
 そのあと、伊吹野蕎麦を食べに道の駅「伊吹の里」へ。天おろし蕎麦を食べたのですが、蕎麦も出汁もますます美味くなっていました。ただ、大根の辛味は以前よりヤサシクなったように思いました。それで、なんだか、今庄蕎麦から花かつおを抜いたらかくありなんと思えました。天ぷらは、やっと世間並みのものが出てくるようになりました。片膝ついて注文を聞くところは以前のまま。ここの店員さんは皆さん折り目正しくてとても好感がもてるのですが、そこまでされると客は恐縮いたします。(確か、2年前にもブログに書いたはず。)京、大坂、江戸の名だたる蕎麦屋でもそこまでいたしません。膝を悪くしないようにお気を付け下さい。
 蕎麦の盛りは、大盛りを食いたかったのですが、すぐ隣の牛乳ファームのアイスクリームを食べたかったので。ぐっと我慢して並みに。
 で、このあと1時間ほど走って対岸の今津・箱館山のゆり園へ。今まで、ゆり園があるなんて全然知りませんでした。往復のゴンドラ代と入園券とで1,800円。標高差が500mくらいあるのでこのゴンドラは値打ちありました。ゆり園は広い丘陵地に人工の百合畑が花の色ごとに作ってあるという感じのものでした。琵琶湖の展望がなかなか良かったです。ただ、百合は、もう遅めで、まともな花を探すのに苦労しました。
 14:30頃帰途につきました。2時間くらいで帰れるところ、湖西道路と名神の渋滞で3時間半かかりました。最近、湖西道路・大津付近の渋滞が年々酷くなってきています。あの付近は、2車線が1車線になってから合流ポイントが急に増えるという設定に加えて無料化されて交通量が増えたからでしょう。早くなんとかしてほしいものです。
 では写真を。白百合からの3枚と最後の1枚が醒ヶ井。ピンクの百合(畑)からがゆり園です。
Dsc_5694 Dsc_5683 Dsc_5689 Dsc_5691 Dsc_5692 Dsc_5700 Dsc_5702 Dsc_5703 Dsc_5715 Dsc_5716 Dsc_5731 Dsc_5742 Dsc_5747 Dsc_5750 Dsc_5751 Dsc_5752 Dsc_5757 Dsc_5765 Dsc_5766 Dsc_5768

Dsc_5737

|

« 21.07.22日食 | トップページ | 21.08.15本薬師寺跡のホテイアオイ »

写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 21.08.09伊吹山、醒ヶ井、箱館山:

« 21.07.22日食 | トップページ | 21.08.15本薬師寺跡のホテイアオイ »