« ホテイアオイと燈花会 | トップページ | 般若寺と安倍文珠院のコスモス »

2007年8月13日 (月)

奈良・燈花会と本薬師寺・ホテイアオイ

19.08.13(月) お待たせしました。昨日の様子を画像でご報告します。
 本薬師寺跡(橿原市内)の休耕田 ?にホテイアオイがたくさん栽培?されていて、毎年今頃その咲き誇った景観に圧倒させられます。今年もボチボチと思って、燈花会に行くついでに寄ってみました。今年は、西端のたんぼのはたくさん咲いていましたが、中央はチョロチョロ、東端のたんぼでもまだまだでしたが、蓮はつぼみがたくさんあり、これから期待がもてます。
 さて、燈花会ですが、高畑駐車場に車を止めて、鷺池・浮見堂→浅茅ヶ原→春日大社参道→春日野園地 と回りました。幸いなことに、この日は結構強い風があり、例年ほど暑くありませんでした。
 鹿も寝る頃か、鷺池には18時50分ころ着きました。、ボートはまだ繋がれて舳先を揃えて出番を待っていました。岸辺に並んだ提灯が気分を盛り上げます。
 やがて火が入ると、先ほどのボートの風情が増します。暗くなるにつれ、浮見堂がライトに浮かび上がり、あちこちからストロボが焚かれます。(岸から焚いても届かないハズなのですが…)また、カップルがボートでデート。
 浅茅ヶ原へは、鷺池に架かった橋を南から北へ渡って坂を上がります。(西北端の坂は下り専用。)浅茅ヶ原は暗いから足元ご用心。
 そのあと、春日野園地に向いましたが、途中、春日大社参道前を通ると、参道両脇に箱形の提灯がズラッと並び、大勢入っていくので、万灯籠は15日のはずなのにと思いながらもついて入ってみましたが、提灯はにない茶屋まで。その先は真っ暗。やむなく北へ方向転換。
 春日野園地は木立があまりないので、ローソクがたくさん立ち並び、その模様がなんともいえません。でも木立の代わりに人があちこちで記念撮影していて、なかなか思うようには撮れません。大仏殿や南大門もライトアップされているようで、黒々とした木々の闇の向こうに屋根だけ見えています。
 帰途、9時半頃浅茅ヶ原の前を通ると、浅茅ヶ原はずいぶん人出が減っていて、写真撮るならこの時間帯かと勉強になりましたが、そこはズボラッチ。パス。
 車に乗り込んでクーラーを入れると、さすがに新車。よく効いて、天国。(先月末、伊吹山の帰りにクーラーが故障し、サウナを満喫 ? しましたが、もう16万㎞走っていたこともあって、思い切って買い換えました。エンジンが好調だつたので、泣く泣くです。あ~ぁ。)
 前置きが長くなりましたが、では画像を。Dsc_0006 Dsc_0007 Dsc_0012 Dsc_0043 Dsc_0066 Dsc_0082 Dsc_0096 Dsc_0108 Dsc_0132 Dsc_0143 Dsc_0165 Dsc_0171 Dsc_0179 Dsc_0202 Dsc_0210 Dsc_0219 Dsc_0223 Dsc_0228 Dsc_0231 Dsc_0265
 

|

« ホテイアオイと燈花会 | トップページ | 般若寺と安倍文珠院のコスモス »

写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 奈良・燈花会と本薬師寺・ホテイアオイ:

« ホテイアオイと燈花会 | トップページ | 般若寺と安倍文珠院のコスモス »